日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 「和歌祭」の一翼を担い地域貢献に従事

紀州東照宮から片男波海水浴場までを練り歩いた

和歌山商工会議所青年部は5月11日、同市の「和歌祭」に参加した。元和8年に紀州藩初代藩主徳川頼宣が家康の霊をまつるために始められたとされ、今年で392年目を迎えた紀州東照宮の大祭だ。

当日は、みこしを左右に傾けながら108段の石段を勇壮に下る「神輿おろし」のほか、伝統芸能を披露しながら約4㎞を練り歩く「渡御行列」などが行われた。白塗りの化粧に華やかな装束姿の「面被」の一団や、子どもみこしなどが登場する中、青年部メンバーも勇ましい甲冑を身にまとった武者に扮装。沿道に詰めかけた約2万3000人の観客を魅了した。メンバーは、「地域の祭事に積極的に参加し、地域貢献に取り組みたい」と話している。

次の記事

日本YEG

日本全国よりサッカーを愛するYEGメンバー、全56チーム1320人が7月12・13日に、静岡に一堂に会し、恒例のYEG全国サッカー大会を開催。スポーツを通じた交流が図られ、大会は大…

前の記事

新潟県 新発田YEG

新発田商工会議所青年部は7月26日夜に、市内中心部の「新道・掛蔵」エリアに活気を呼び戻そうと、まちをろうそくの明かりで彩る「サマーナイトキャンドル」を実施した。同エリ…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…