日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 鋳鉄のインテリア雑貨 

松田安鐵工(鳥取県鳥取市)

右から、鋳鉄の重みを生かして片手で切れるテープカッター、お茶やアロマオイルの香りを楽しむ茶香炉、端正なフォルムのお香立て(2種)(撮影:加藤正博)

今月は、黒々とした鋳肌がモダンな鋳鉄(ちゅうてつ)の雑貨をご紹介します。

明治30年に鍛冶屋として創業した松田安鐵工は、支給される鋳物素材の不良の多さに困り果てて鋳物の技術を習得した、現在鳥取県東部で唯一鋳物工場を持つ企業です。工業製品としての鋳物を製造していた同社は、鳥取県戦略産業雇用創造プロジェクトへの熱心な誘いを受け、大阪のデザインブランド「METAPHYS」とのコラボレーションに乗り出しました。

鋳肌の質感や手触り、つや消しの黒色を生み出す塗料、機能性を損なわないデザインなどにこだわり、形にするまでに約3年を要したといいます。さまざまな試行錯誤の結果生まれた製品は、デザイン性と機能性が高く評価されています。

難度の高いものづくりの達成感を得た社員とともに、次の世代につなげていくことを目指す松田安鐵工の夢は広がっています。

お問い合わせ

松田安鐵工(まつだやすてっこう)

TEL:0857-53-4278

HP:http://matsudayasu.com/

※月刊石垣2019年9月号に掲載された記事です。

次の記事

神保真珠商店

今月は、強い個性が魅力的なびわ湖真珠のアクセサリーをご紹介します。万葉集でも「近江の白玉」と詠まれているように、琵琶湖は古くから真珠の産地でした。通常の真珠はアコヤ…

前の記事

別府竹製品協同組合

今月は、別府市の伝統工芸である竹細工をご紹介します。別府の竹細工について記された最も古い記述は日本書紀に見られ、九州行幸をされた景行(けいこう)天皇に、良質な篠竹で「…

関連記事

粟田建設

今月は、『月刊石垣』の40周年を記念して、堅牢強固な穴太衆積(あのうしゅうづみ)の石垣をご紹介します。穴太衆は、古墳や寺院などの築造を行っていた石工の末裔(まつえい)で、…

鍋島 虎仙窯

今月は、カラフルな4色の駒が目をひく、鍋島焼の「リバーシ」をご紹介します。鍋島焼は寛永5(1628)年に肥前・有田で始まったとされ、色絵を施した色鍋島、染付のみで絵付けを…

歴清社

今月は、「金」の華やかさやきらめきを身近に楽しめる、金箔(きんぱく)製の“ふりかけ”をご紹介します。 今年で創業115年の歴清社は、廃刀令により前身となる刀剣商からの転換…