伝えていきたい日本の技 びわ湖真珠のアクセサリー

神保真珠商店(滋賀県大津市)

深みのある色や自然の形が魅力のびわ湖真珠。長く愛用してもらえるよう金具にもこだわり、修理やリフォームも行っています(撮影:加藤正博)

今月は、強い個性が魅力的なびわ湖真珠のアクセサリーをご紹介します。

万葉集でも「近江の白玉」と詠まれているように、琵琶湖は古くから真珠の産地でした。通常の真珠はアコヤ貝に核と細胞片を入れることできれいな球体に仕上げますが、琵琶湖では固有種である池蝶貝(いけちょうがい)に細胞片のみを入れる技法が主流です。3年以上という長い時間かけて真珠層を厚く巻くことで、色や照り、形の異なる真珠が生み出されています。

この真珠を軽やかなアクセサリーに仕立てているのが神保真珠商店です。1966年に大津市で創業して以来びわ湖真珠を販売してきた同店は、海外での流通が主で国内での知名度が低いびわ湖真珠の魅力を広めたいと2014年に実店舗をオープンしました。個性豊かな真珠の美しさを引き出すシンプルなデザインには、親から子へ世代を超えて受け継いでほしいという願いが込められています。

お問い合わせ

神保真珠商店(じんぼしんじゅしょうてん)

TEL:077-523-1254

HP:http://jinbo-pearls.jp/

※月刊石垣2019年10月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 KOMOREBI

KISHU PLUS

今月は、和歌山県の伝統工芸である紀州漆器の技法を用いたスタンドライトをご紹介します。紀州・根来寺(ねごろじ)の僧侶たちが生み出した「根来塗...

前の記事

伝えていきたい日本の技 鋳鉄のインテリア雑貨

松田安鐵工

今月は、黒々とした鋳肌がモダンな鋳鉄(ちゅうてつ)の雑貨をご紹介します。明治30年に鍛冶屋として創業した松田安鐵工は、支給される鋳物素材の不...

関連記事

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー 無料会員限定

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...