伝えていきたい日本の技 別府竹細工

別府竹製品協同組合(大分県別府市)

竹細工のしなやかな弾力や強さが生かされたバッグや涼やかな花器は、海外でも人気が高まっています(撮影:加藤正博)

今月は、別府市の伝統工芸である竹細工をご紹介します。

別府の竹細工について記された最も古い記述は日本書紀に見られ、九州行幸をされた景行(けいこう)天皇に、良質な篠竹で「茶わんメゴ」(竹製の食器)をつくり、食事を供したとされています。その逸話に示されるように別府は質の良い竹の産地であり、竹細工で主に使われるマダケの生産でも全国一のシェアを占めています。竹細工は室町時代から本格的に始まり、江戸時代後期に湯治場として別府の知名度が上がるとともに、全国に広まっていきました。

竹細工は欧米にもコレクターが存在し、世界的にも注目を集めています。別府竹製品協同組合代表の岩尾一郎さんは、若手の工芸士とともに竹を使った現代的な作品づくりに取り組む一方、インバウンド向けのホテルの内装を手掛けるなど、海外へ向けた発信にも力を入れています。

お問い合わせ

別府竹製品協同組合(べっぷたけせいひんきょうどうくみあい)

TEL:0977‐22‐6439

HP:https://www.beppu-take-kumiai.com/

※月刊石垣2019年8月号に掲載された記事です

次の記事

伝えていきたい日本の技 鋳鉄のインテリア雑貨

松田安鐵工

今月は、黒々とした鋳肌がモダンな鋳鉄(ちゅうてつ)の雑貨をご紹介します。明治30年に鍛冶屋として創業した松田安鐵工は、支給される鋳物素材の不...

前の記事

伝えていきたい日本の技 秋田銀線細工

秋田商工会議所

今月は、秋田県伝統工芸品で純銀線を素材とする銀線細工の、新しい取り組みをご紹介します。銀線細工の技法は、平戸の貿易港を通じて欧州・東南ア...

関連記事

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー 無料会員限定

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...