日商 Assist Biz

更新

挑む!婚活編 vol.12 目標の100組を達成 都城

石山観音池公園でも和やかな雰囲気で実施

少子化対策や地域活性化の観点から「婚活事業」に取り組む商工会議所は、全国で約170カ所、年間約290回、参加者数は2万人(平成26年度)にものぼる。定番事業だからこそ必要な創意工夫をした各地の事例を紹介する。

都城商工会議所(宮崎県)は平成23年5月~28年1月までに開催した婚活事業で、累計102組のカップルを誕生させた。同所では5年前、地域活性化と少子化問題解決のため、婚活事業に着手。「カップル成立100組」を目指して毎年2~4回のペースで開催し、ついに今年1月、目標数に達成した。

カップル成立の秘訣は、毎回試行錯誤を繰り返し、企画に妥協しないことにあるという。例えば、定番であるホテルの宴会場だけでなく、「まちコン」タイプにしたり、会場を高千穂牧場など屋外にし、アクティブなイベントにしたりと、さまざまな角度から参加者が楽しめる内容の吟味を毎回行った。また同所青年部などからの協力も得て、イベント自体を盛り上げたことも、大きな要因となった。

さらに、商工会議所が主催であるため、参加者からも「安心感がある」と、積極的に参加してもらえた。回を増すごとに口コミでその評判が広がり、市外からの参加希望者も増加。そのため、市外の人にも新たな出会いの場を創出できた。

同所では、当初の目標数を達成したことと、宮崎県が昨年度より「みやざき婚活サポートセンター」を開設したこともあり、同事業の役目はある程度果たしたとして、一旦幕を下ろした。同所は、「今後も地域に喜ばれる事業を展開していきたい」と話している。

次の記事

今治deお見合い大作戦‼

少子化対策や地域活性化の観点から「婚活事業」に取り組む商工会議所は、全国で約170カ所、年間約290回、参加者数は2万人(平成26年度)にものぼる。定番事業だからこそ必要な意…

前の記事

少子化対策や地域活性化の観点から「婚活事業」に取り組む商工会議所は、全国で約170カ所、年間約290回、参加者数は2万(平成26年度)にものぼる。定番事業だからこそ必要な意工…

関連記事

少子化対策や地域活性化の観点から「婚活事業」に取り組む商工会議所は、全国で約170カ所、年間約280回、参加者数は2万2000人(平成25年度)にものぼる。定番事業だからこそ必…

婚活イベント「出合の授業」

阿波池田商工会議所(徳島県)は昨年、若者定住・少子化対策事業としての婚活イベント「出合の授業」を実施した。同事業は、婚活イベントを通じて地域の若者の移住・定住促進を図…

佐久商工会議所(長野県)青年部は9月12日、同青年部初となる婚活パーティーを実施した。同事業は、北陸新幹線が開通したことでアクセスが良くなった石川や富山からも婚活に参…