日商 Assist Biz

更新

挑む!婚活編 vol.9 要望に応え結果を出す 北見

リラックスできる雰囲気をつくることも大事

少子化対策や地域活性化の観点から「婚活事業」に取り組む商工会議所は、全国で約170カ所、年間約280回、参加者数は2万2000人(平成25年度)にものぼる。定番事業だからこそ必要な創意工夫をした各地の事例を紹介する。

北見商工会議所(北海道)はこのほど、「きたみde婚カツ」を開催した。同事業は、平成25年度から毎年1回実施しているもの。すでに同事業への参加を通じて成婚したカップルも誕生するなど、着実に結果を出している。 今年度からは、参加希望者などからの要望に応え、年2回の実施を企画。今年度第1弾は12月23日に市内のホテルで開催し、25~40歳の男女それぞれ20人が参加した。男性参加者は全員同市内に在住かつ、有職者を応募対象にしたが、女性は市外からの参加者もあった。

今回からは、男性参加者を対象に、イベントの内容説明や自己PR方法の練習など、事前セミナーを開催。その結果、当日はみごと7組のカップルが誕生した。女性参加者からも、「商工会議所が主催していて、安心感がある」との声も聞かれ、好評を博した。

同所では、今年度第2弾の婚活事業として「きたみde婚カツ バレンタインde恋のはじまり」を今月14日に開催する。参加資格は30~50歳と、第1弾より高めに設定。カップルが成立しやすいように、内容にも工夫を凝らしている。第1弾に続く、さらなるカップル誕生の期待が掛かる。

次の記事

少子化対策や地域活性化の観点から「婚活事業」に取り組む商工会議所は、全国で約170カ所、年間約290回、参加者数は2万(平成26年度)にものぼる。定番事業だからこそ必要な意工…

前の記事

婚活イベント「出合の授業」

阿波池田商工会議所(徳島県)は昨年、若者定住・少子化対策事業としての婚活イベント「出合の授業」を実施した。同事業は、婚活イベントを通じて地域の若者の移住・定住促進を図…

関連記事

今治deお見合い大作戦‼

少子化対策や地域活性化の観点から「婚活事業」に取り組む商工会議所は、全国で約170カ所、年間約290回、参加者数は2万人(平成26年度)にものぼる。定番事業だからこそ必要な意…

少子化対策や地域活性化の観点から「婚活事業」に取り組む商工会議所は、全国で約170カ所、年間約290回、参加者数は2万人(平成26年度)にものぼる。定番事業だからこそ必要な創…

佐久商工会議所(長野県)青年部は9月12日、同青年部初となる婚活パーティーを実施した。同事業は、北陸新幹線が開通したことでアクセスが良くなった石川や富山からも婚活に参…