三村会頭 首相の豪訪問に同行 日豪経済委の貢献強調

「ビジネス会合」であいさつする安倍首相(中央奥)と三村会頭(右から2人目)写真提供:日本貿易振興機構(JETRO)

日本商工会議所の三村明夫会頭は、1月に行われた安倍晋三首相のオーストラリア訪問に同行した。安倍首相は1月12~17日にかけて、オーストラリア、フィリピン、インドネシア、ベトナムのアジア太平洋地域4カ国を訪問。三村会頭は、日豪経済委員会の会長を務めていることから今回の訪問に同行した。

同行経済ミッションには、三村会頭をはじめ日豪経済委員会やイノベーション・ベンチャー、観光産業に関わる企業経営者ら22人が参加。1月14日にシドニーで開催された政府主催の「ビジネス会合」「観光セミナー」「ビジネス代表者と両国首相との懇談」などに出席し、イノベーションの連携、両国相互の観光客の増加策などについて両国首相を交えて官民で議論を深めた。

三村会頭は両国首相との懇談で、日豪経済委員会による設立以来55年にわたる両国間のビジネス拡大への貢献を強調。豪州企業の日本でのビジネス投資や中小企業の豪州への進出機会拡大など活動の幅を積極的に広げていく考えを表明し、両国経済のさらなる拡大・深化に期待を寄せた。

今回の安倍首相による各国訪問は、米国のトランプ政権発足を見据え、アジア太平洋諸国との「経済」「安全保障」の両面での連携を強める目的で実施。特に、オーストラリアへの訪問は、アジア太平洋地域の中で価値観を共有する親密なパートナーと位置付けられている両国首脳による定期相互訪問の一環であり、「TPPなど自由貿易の推進」などの重要性が確認された。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする