日商 Assist Biz

更新

挑む!キャリア教育編 vol.7 産官学連携でプロを育成 丸亀

企業と学生が直接打ち合わせを行い、理想のロゴをつくる

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も厳しさを増している。今回の「挑む」では、日本の将来を担う人材を育成すべく、キャリア教育を活発に行い、顕著な功績を挙げている好事例を紹介する。

丸亀商工会議所(香川県)は丸亀市、商店街連合組合との連携で平成25年から、プロのデザイナーを目指す専門学校生を対象に、企業のオリジナルロゴマークや、商品パッケージのデザインを制作する機会を創出している。ロゴマーク作成を通じ、学生のキャリアアップと、市内商工業の振興などを目的に同事業を企画。企業が自己負担なしでロゴマークを提供できるよう、市の補助金と同所の助成金をあわせて、学生にデザイン料(1万円)を支払っている。

同事業は毎年夏に募集をし、先着10社が学生にロゴマークを作成してもらうこととなる。企業のニーズを同所から学校側に伝え、学校が適した学生を選定。その後、企業と学生による意見交換会や打ち合わせが複数回実施され、秋ごろにはロゴマークが出来上がる。

同事業で実際にロゴマークをつくった企業からは、「自社製品の包装紙などにも印刷して活用したい」などとの声も聞かれ、学生からも「改めてデザイン関連の仕事に就きたいと再認識した」と双方にとって良い結果を生んでいる。事業効果も口コミで広がり、年々応募数も増加。さらに、同市の商店街にある空き店舗のシャッターなどにも学生がデザインを描き、まちのにぎわい創出にも一役買っている。

次の記事

挑む!キャリア教育編 vol.8 地域資源で職業観醸成

愛知県 一宮商工会議所

一宮商工会議所(愛知県)では、一宮の食文化として定着している喫茶店など「モーニングサービス」(特に朝の時間帯、ドリンク代のみで、トースト...

前の記事

挑む!キャリア教育編 vol.6 学校起業 連携でつなぐ 桑名

桑名商工会議所(三重県)は平成8年度から、製造関連部会を中心に、市内の桑名工業高校の生徒による産業現場実習に取り組んでいる。生徒が直接地域...

関連記事

挑む!キャリア教育編 vol.13 生きる力を育む商業体験 苅田

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も変化を遂げている。今回の「挑む」では、町内の小学生を対象に、商業体験の機会を創出する...

挑む!キャリア教育編 vol.12 「ものづくり」興味の扉開く 立川

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も変化を遂げている。今回の「挑む」では、小学生とその保護者を対象に、地域に根差したもの...

挑む!キャリア教育編 vol.11 「売り物」をつくる緊張感 野田

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も変化を遂げている。今回の「挑む」では、若者の職業観醸成を通じて、地域活性化につながる...