日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 お金とマネーの違いを知る

お金とマネーは違います。分かりやすくいえば、生活のために使うのがお金。株など投資するために使うのがマネーです。例えば、ソフトバンクグループ会長の孫正義さんが1兆円のお金を持っていたとします。生活のために使うのはせいぜい3億円から5億円。それだけあれば一生楽に暮らせるわけです。あとの9997億円から9995億円は? それがマネーです。それは生活に直結したものに使うのではなく、投資や、企業買収するなど、生活以外の目的に使うものです。

そもそも資本主義というのは自分の持っているお金をいかに増やすか、という行為。いわばゲームです。ところが今や、企業が企業を買収するようになり、資本主義のお金はマネーに変わりました。余裕のある人がマネーで株を買うならまだしも、お金に窮している人が一獲千金を夢見て、お金をお金として株や先物取引に手を出し、失敗したら結果は悲惨です。

具体例を挙げましょう。島根県の中ほどに位置する大田市。隣接する出雲市とともに県中部の中心地域ですが、今から20年ほど前に大手ショッピングセンターが進出。当然、地元の商店街は反対しましたが、ほどなく開業しました。便利さから近隣の人々は足を運ぶようになり、商店街は衰退しました。かつては大田で商売しもうけた人が、大田で生活しお金を使う仕組みでお金は回っていました。ところが、大手ショッピングセンターが利益を上げるようになると、お金はその本社に流れます。お金が本社に入った瞬間にマネーに変わり、地方のお金は回らなくなってしまったのです。

もう一例。東京・銀座を1丁目から8丁目まで南北に走る大通り、かつて電通通りとも呼ばれた通りを、ソニービルあたりから新橋あたりまで歩いてみて、街がすっかり変わっていたことに気が付きました。40年ほど前、通りには家族経営の理髪店もあれば喫茶店もありましたが、今やそれらの店は1軒もなく、代わりにコンビニやカフェ、牛丼屋など、大手のチェーン店が支配しているのです。銀座はお金がマネーに変わる場所へと変貌してしまったことを、街並みから感じとりました。

今の世の中、お金とマネーは全く別の働きをするようになりました。資本主義の仕組みが変わってしまったわけです。「お金とマネーは別物」。その事実を、肝に銘じなければなりません。

コロナ危機で実体経済は悪化が確実視され、100年に一度の大不況が叫ばれている中、米国をはじめとする株価の急回復はIMFも警戒しております。

「素人が手を出すな!」とは言いませんが、大切なお金をマネーとして失うことのないように気を付けてください。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

新型コロナウイルス感染症の問題は、やがて終息を迎える日が来るでしょう。しかし、コロナ禍で始まったリモートワークという働き方は、ある部分継続していくに違いありません。…

前の記事

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…

関連記事

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…

小山政彦

以前、26歳の若手社員から「小山さんはワークライフバランスをどう考えていますか」と質問されたことがありました。私は「君はワークライフバランスを一年のスパンで考えている…