ミャンマーで簿記啓発 日商が普及に協力

説明に熱心に耳を傾ける参加者

日本商工会議所は10月31日、ミャンマー商工会議所連合会、ミャンマーに進出している日本企業で構成するミャンマー日本商工会議所、日本ミャンマー協会、JICA(国際協力機構)などと協力し、ミャンマーのヤンゴンで簿記啓発セミナーを開催。ミャンマーの企業・教育・政府関係者ら約200人が参加した。

ミャンマーは目覚ましい経済発展が続いており、ビジネスを希望する日本企業も多い。しかし、ミャンマーでは、簿記の普及が不十分であることから適切な企業情報が乏しく、融資や税務などにおける課題が多いことが指摘されてきた。

セミナーでは、日本で60年以上にわたり産業人材の育成に寄与してきた日商簿記の有用性を紹介。簿記普及の必要性を説明した。

今後、JICAの支援により、ミャンマー商工会議所連合会内に設けられているミャンマー日本センターが、日商簿記3級レベルの英文テキストを作成。11月に指導者研修を実施し、来年1~3月には一般受講者を集め日商簿記研修を試行する予定となっている。日商では、過去問題の提供などで同事業に協力していく。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする