日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 “アパレル販売は天職!”の思いを実現~大人の女性のおしゃれアドバイザー~

「これからもお客さまに喜ばれる服を提案したい」と語る後藤加奈子さん

今号は、筆者が毎年出講している山形県・酒田商工会議所「創業塾」のOGの事例をご紹介します。

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続だったようです。勤務先の業績悪化による閉店などで6回の解雇を経験。ですが、責任感が強く仕事熱心なので、店を変わっても慕ってついて来てくれるお客さまが多かったことが救いとなりました。

後藤さんは1児を持つシングルマザー。子育てと仕事の両立は大変でした。風邪をこじらせたわが子が寝込んでいる中、一人残して仕事に出るのは「本当につらかった」と振り返ります。そんな後藤さんを支えたのは、アパレル販売は自分の天職であるとの信念。そして、これまでの苦い経験から、勤務先の都合で振り回されることのないよう自分の店を持ちたいという気持ちが固まっていきました。

そして平成26年4月にセレクトショップ「Pua」を酒田市内にオープンします。ターゲットは、よりおしゃれなものを着たいという40~50代の女性。彼女たちは潜在的な不満を抱えています。量販店の商品では品質はまずまずで、値段も安いのですが、画一的で個性を出せないと考えているのです。この層は家庭を持つ主婦で、仙台や東京まで出る時間はありません。また、ネットショップでは質感も分からず試着もできません。多忙なお客さまに代わって後藤さんがその好みを把握、〝購買代理人〟となって地元店にはない一番合った服を調達するイメージです。

店は8坪で仕入れ資金も限られるため、毎回の仕入れは真剣勝負です。お客さま一人ひとりを念頭に置いた1点仕入れが中心。そのため、当該顧客にとっては自分の好みにあった一着を入手できる、つまり、おしゃれなセレクトをしてくれる専任アドバイザーが付いているようなものです。

この仕組みはターゲットのニーズに合致し、お店の評判は口コミで広がっていきました。また、セールをしない方針を貫いているため、一点当たり単価は当商圏ではかなり高めの1〜4万円。「売れる商品を仕入れ、お客さまに喜んでいただいてきっちり売る」ことを念頭に置いているからです。セレクトショップの良さはお客さまとともにワクワクした時間を共有できることと後藤さんは語ります。選ぶ楽しさ、着る楽しさのお手伝いができることに最高のやりがいを感じるそうです。

後藤さんは、親として「希望」を持ち続ける大切さをわが子に教えたかったそうです。必死で家庭と仕事を両立させた母の背中を見てきた息子さんは今春に高校を卒業し、念願の自動車整備工として元気に勤務しています。

坂本 篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこなす。

次の記事

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山街道沿いにあるものの、近隣の…

前の記事

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自動車・二輪車用ケミカル製品の…

関連記事

埼玉県秩父市に二ノ宮製作所という精密板金加工を得意とする企業があります。創業は昭和22年、順調に成長を重ねてきましたが、3代目の二ノ宮紀子さんが経営のバトンを受けたタ…

東京都渋谷区にGo's Officeという広告宣伝企画やWebデザインをする企業があります。創業は平成23年、社長の夜陣栄子さんは、もともとは同業他社に勤務し、企画営業担当として活…

東京都台東区に菓匠・東洋庵という和菓子店があります。創業は昭和7年。地元で老舗として愛されています。一方、三代目の平岡康弘さんには自店の将来に漠然とした不安がありま…