日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 “人材育成”と“国際化”で会社を変える!~女性後継社長の揺るぎないポリシー~

フィリピンのマプア大学との学生国際インターンシッププログラムにかかる契約調印式に臨む社長の二ノ宮紀子さん(中央)と専務取締役の堀安吉城さん(左)

今号は、女性経営者が事業承継を契機に自社の活性化を図っている事例をご紹介します。

埼玉県秩父市に二ノ宮製作所という精密板金加工を得意とする企業があります。創業は昭和22年、順調に成長を重ねてきましたが、3代目の二ノ宮紀子さんが経営のバトンを受けたタイミングは最悪でした。それは、大震災直後、しかもリーマンショックの影響も残る平成23年4月のこと。二ノ宮さんには「これまでの取引先に既存の技術を提供するだけでは将来の展望は開けない」という強烈な危機感がありました。また、一番近い取引先とも最低1時間は掛かってしまう秩父という立地の不便さも不安材料でした。「自社の存在価値を抜本的に見直したい」と現場に強い専務の堀安吉城さんとともに経営の革新がスタートします。

まず「板金」という単一工程からの脱皮を目指すことから始めました。設計から板金、塗装、組立てまでの「一貫生産」の確立に向け、人材の育成をスタートさせたのです。目指す人材像は「筐体製造エンジニア」。多能工になるだけでなく、担当する仕掛品が最終製品となり、ユーザーに使用されるシーンまでイメージを持って作業できる人材像を掲げました。

また、ベテラン技術者だけに依存していては技術力の底上げができないので新規採用も開始。中途採用からスタートしましたが、現在は新卒採用も行っています。その結果、従業員の平均年齢はかつての45歳から30代後半まで若返っています。

さらに、次の成長に向けて国際化を計画します。取引先との関係からフィリピンを候補国とし、再来年を目途に生産拠点の確立を目指しています。ここでもまずは人材ありきと考え、中小企業で海外展開に成功したモデルケースを研究。立ち上げ期は日本人でなく現地で採用した人材を育成し、キーパーソンにした方がうまくいくという結論に至りました。

問題は、その採用をどうするかでした。中小製造業によく見られる「技術研修生制度」では期間が3年と限定され、その後の自社への採用が制限されてしまいます。そのため、独自の採用ルートを構築するため、現地の大学に出向き、直接的な採用活動に挑戦したのです。

一方、フィリピン側も自国の未来の製造業を担う人材を育てたいと積極的。学生たちへ会社のプレゼンテーションを直接する機会が与えられました。その結果、大学院卒の優秀な人材の採用に成功します。彼は先月に入社し秩父の工場で、将来の海外展開を支える〝金の卵〟として元気に働いています。

業況が厳しい中でも、人材の育成と国際化への対応という企業の基礎体力を強化する取り組みで新たな展望が見えてくる好事例です。

坂本 篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこなす。

次の記事

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自動車・二輪車用ケミカル製品の…

前の記事

東京都渋谷区にGo's Officeという広告宣伝企画やWebデザインをする企業があります。創業は平成23年、社長の夜陣栄子さんは、もともとは同業他社に勤務し、企画営業担当として活…

関連記事

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山街道沿いにあるものの、近隣の…

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続だったようです。勤務先の業…

東京都台東区に菓匠・東洋庵という和菓子店があります。創業は昭和7年。地元で老舗として愛されています。一方、三代目の平岡康弘さんには自店の将来に漠然とした不安がありま…