まちづくりの先進事例 Vol.6 ~ドイツ・フランクフルト・オーダー市~ 都市改造で人口減少に対応

取り壊しが進む住宅団地。建物跡地は緑化される(フランクフルト・オーダー市)

量を減らし質を高める

ドイツの人口は2002年をピークにゆるやかに減少傾向にあり、すでに長期にわたり大幅な人口減少に悩まされている都市も多く存在する。人口は都市内でも特に人気のない地区から減っていくが、その不人気地域のひとつが都市郊外につくられた住宅団地だ。特に、旧東独地域においては、「プラッテンバウ」と呼ばれる画一的なプレハブ構造(プレート建築)で建設された大規模住宅団地の老朽化と空洞化が大きな問題となっている。

フランクフルト・アン・デア・オーダー市は、ベルリンから鉄道で約1時間、ポーランドと国境を接する人口約6万の都市。ドイツを代表する大都市のひとつであるフランクフルト・アム・マイン市(通称フランクフルト)とは別のまちだ。

フランクフルト・オーダー市は、1990年には約8万6000だった人口が2010年には約6万と、20年で約30%減少した。市内でも特に人口減少が著しいのは1970年代後半に建設された大規模住宅団地のノイベレジンヒェン地区。この地区の人口はピーク時には約2万4000人だったが、現在はわずか6000人。老朽化に伴う管理修繕費と空き家の増加や失業者・外国人などの流入増加による治安悪化など、多くの問題を抱えている。

そこで、市では、団地の規模を適正なものとし、さらなる住民の流出を抑制するため、連邦政府の補助金などを活用した都市の再構築(都市改造)を行っている。この事業の特徴は、建て替えではなく計画的な取り壊しとリニューアルに重点を置いている点だ。住民にはリニューアルした住棟・住戸に移ってもらい、建物の跡地は緑化するなどして、居住環境の向上と総戸数の削減を進めている。

このような事業は旧東独地域各地で行われている。その先行事例ともいえるのが、ライネフェルデ=ヴォアビス市(人口約2万)南部にある住宅団地。ここでは、取り壊しや減築(部分的な取り壊し)を行った上で、内外装の大幅なリニューアルを施している。また、既存住宅団地の縮減とあわせて、隣接する地域に新たに戸建て住宅団地を建設するなど、「量」から「質」への転換が図られている。

インフラも適正規模に

旧西独地域においても、郊外住宅団地の再生は大きな課題だ。ルール地方に位置するドルステン市のバルケンベアク地区は当初6万人の入居を想定して計画された住宅団地だが、その後3万人規模の計画に縮小され、現在は約8000人が暮らす。団地内の商店街は空き店舗が連なり、ほとんど人の気配がない。ここでも、住戸数の削減とリニューアルがあわせて行われている。また、団地内の周回道路は当初の計画に基づき4車線(片側2車線)で整備されたが、これを2車線に減らし、使用しなくなった部分の緑化も進められている。除却・再整備費がかかるが、使わなくなった土地・建物をそのまま放置しないことが重要だ。 しかし、通常の開発行為と異なりこれらの事業費を回収することは難しい。連邦・州レベルでの支援が不可欠だ。

遠藤俊太郎/カッセル大学(ドイツ)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

まちづくりの先進事例 Vol.7 ~ドイツ・マールブルク~ エレベーターでまちなかを移動

カッセル大学(ドイツ)  遠藤俊太郎

マールブルクは、フランクフルトから鉄道で約一時間、ヘッセン州中部にある人口約8万の都市。旧市街地は小高い山の中腹にあり、地元では坂の上の旧...

前の記事

まちづくりの先進事例 Vol.5 ~ドイツ・ルール地方~ 広域産業観光で再生

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

人口10万以上の「大都市」が連なる、ドイツ西部のルール地方。かつての主力産業は鉄鋼と石炭で、100年以上にわたりドイツ(西ドイツ)経済の牽引役と...

関連記事

まちづくりの先進事例 vol.11 〜ドイツ・ゲルリッツ〜 人口減少下のまちなか再興

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

ドイツでは多くの地域で人口減少が進んでおり、とくに旧東独エリアではその傾向が顕著だ。ポーランドとの国境のまち、チェコまで約30分の距離に...

まちづくりの先進事例 vol.10 ~フライブルク~ 商業機能の立地を規制・誘導

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

フライブルクはドイツ南西部、「黒い森」に近い人口約22万の大学都市。トラム・LRT(次世代型路面電車)をはじめとする公共交通や自転車の利便性向...

まちづくりの先進事例 Vol.9 ~ドイツ・ザイフェン~ 熟練職人が彩るクリスマス

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

師走のにぎわいを支える小さなまち 12月に入り、ドイツはクリスマス一色になっている。ドイツでは、例年11月下旬から年末にかけて、通りや建物に...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする