日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 ついたて導入店を助成 木工・金属加工業者も支援

「建具の技術が感染防止の一助になれば」と木村会頭

鹿沼商工会議所(栃木県)は、鹿沼市内の飲食店など接客を行う事業所が、飛沫(ひまつ)感染防止のためのついたてを導入する場合、5万円を上限に購入費用を助成することとし、8月1日から申請を受け付けている。対象となるのは対面型の営業を行う事業者で、同一の内容の他の制度(補助金など)の利用がなく、市内の事業者が製造・加工・施工するついたてを導入する場合に限られる。

6月に開催した議員総会および懇親会で、感染防止対策として使用した会員事業者が製造したついたてに、参加者から同様のものをつくりたいとの声が上がり、これを受けて市が総額2千万円の補助事業予算を組んだ。ついたての普及を促すことで新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店を支援すると同時についたてを製造する市内の木工業、金属加工業者の支援も図る。

助成対象期間は8月1日~12月末日、申請受け付けは来年1月15日まで。実施要綱に基づき所定の書面をそろえて同所へ郵送する。9月18日時点で102件の申請があり、その後も申請数は増えている。木村剛考会頭は「安心して食事などができる環境づくりが経済回復につながる。鹿沼の建具の技術が感染防止の一助になれば」と話している。ついたての製造・加工、施工を取り扱う事業者は現在18社。同所はついたてを製造する事業者も募集中だ。

次の記事

石川県 金沢商工会議所

金沢商工会議所(石川県)は8月25~28日の4日間、石川県地場産業振興センターで「第13回かなざわマッチング商談会」を開催した。同商談会には北陸3県と北陸新幹線沿線都市の商工…

前の記事

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食・交通業などの消費喚起を促し地域経済の活性化につなげるため、久慈市の事業委託を受け、市内で使える商…

関連記事

石川県 白山商工会議所

白山商工会議所(石川県)は、白山市松任(まっとう)地域の小規模な理美容店などを紹介する冊子『MATTO・ヘアー&ビューティーサロンガイドブック』を発行した。10代から30代の若…

東京都 町田商工会議所

町田商工会議所(東京都)は、町田市内の小規模店の看板商品を広くPRし、販路拡大を支援する「看板商品プロデュース事業」を2020年度から実施している。その第1弾として21年3月…

愛知県 江南商工会議所

江南商工会議所(愛知県)は、JA愛知北、愛知江南短期大学、サンハウス食品と共同で、江南市の新たな特産品として「和風仕立ての江南野菜カレー」を開発した。同大学栄養専攻の…