日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 コロナ禍中の商談会好評 感染防止策講じ対面型で

間隔を空けて設置したブースで商談

金沢商工会議所(石川県)は8月25~28日の4日間、石川県地場産業振興センターで「第13回かなざわマッチング商談会」を開催した。同商談会には北陸3県と北陸新幹線沿線都市の商工会議所・商工会会員、関西、南東北の商工会議所会員など185社が参加し、335件の商談が行われた。

同商談会は、エントリーした企業間のマッチングを事前に行う形式で「無駄のない商談ができる」「手応えがある」と毎回高評価を得ており、ここ数年エントリー数、商談数が増加している。今年は新型コロナウイルスの流行によりブース数を削減、各ブースへ飛沫(ひまつ)防止のアクリル板や消毒液を設置し、入場時のサーモグラフィーによる検温、参加者のマスク着用の徹底、商談が終わるたびにブースの消毒を行うなど感染防止対策を取って開催した。

製造業やサービス業を中心に幅広い業種が参加する中、今回はコロナ対策商品やサービス、テレワークのための情報通信設備などを売り込む事業者も見られたという。商談後のアンケートでは、「コロナ対策も万全で安心して商談ができた」「新しいビジネスチャンスを得て、販路拡大につながった」などの感謝の声が寄せられた。

同所は「感染防止対策に人手や時間、費用もかかったが、事前調整型で密になりにくいことから対面型とした。ピンチをチャンスに変える取引が生まれれば」と話している。

次の記事

三重県 四日市商工会議所

四日市商工会議所(三重県)は、名古屋を中心にまち歩き・体験プログラムツアーを開催する「大ナゴヤツアーズ」と連携し、地域の魅力を発見する旅「四日市ツアー」を企画した。ウ…

前の記事

栃木県 鹿沼商工会議所

鹿沼商工会議所(栃木県)は、鹿沼市内の飲食店など接客を行う事業所が、飛沫(ひまつ)感染防止のためのついたてを導入する場合、5万円を上限に購入費用を助成することとし、8月1…

関連記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は9月16~18日の3日間、同所1階多目的スペースで「『Withコロナ時代』職場の感染症対策グッズ緊急展示・商談会」を開催した。職場での新型コロナウイルス感染拡…

宮崎県 西都商工会議所

西都商工会議所(宮崎県)は、西都市の市街地活性化の拠点として「まちづくり西都KOKOKARAココカラ」を開所した。名称には「ここから市街地の活性化がスタートする」という意味…

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所(岐阜県)と大垣観光協会が特許庁の地域団体商標に登録出願していた「大垣の木枡」および「大垣の枡」が7月14日に商標登録された。9月4日には、同所交流産業委…