まちづくりの先進事例 Vol.3 ~ドイツ・ミュンスター~ ドイツ随一の「自転車のまち」

人と自転車が共存する中心市街地

ミュンスターは、ドイツ北西部、ルール工業地帯のドルトムントから約50㎞北に位置する人口約29万の都市。市内にはミュンスター大学、警察大学校をはじめとする8つの大学や大学校などがあり、人口の17%に当たる約5万人が学生だ。住民には若い世代が多く、20~30歳代が全体の約3分の1を占めている。

市内の路面電車は1954年に廃止されたため、ドイツで多く見られるLRT(次世代型路面電車システム)はなく、市内交通の主役はバスと自転車。起伏の少ない地形も手伝って、自転車の利用者が非常に多く、徒歩も含む全交通手段のうち自転車が占める割合(自転車分担率)はドイツ国内で最も高い37・6%。まちの玄関口となる中央駅前には1999年に供用を開始した、3300台を収容できる国内最大の地下駐輪場があるが、地上にも多くの自転車が止められており、その風景は日本の駅前とあまり変わらない。

専用レーンで移動も快適

中心市街地には城址があり、緑だけでなく堀や湖などの水辺空間も多い。まちなかは活気があり、自転車を降りて散策するのも楽しいまちだ。市内には2013年時点で全長468㎞におよぶ自転車道・自転車レーンのネットワークが構築され、現在も拡張を続けているほか、1万1000台分を超える公共の駐輪場・駐輪スペースが用意されている。ミュンスターの自転車道の中で重要な位置を占めるのが、旧市街地を一周する形でつくられた全長約4・5㎞の緑の回廊「プロムナード」。自動車・バイクは乗り入れできず、自転車と歩行者も分離されているため、非常に快適だ。一般的にドイツでは自転車道や自転車レーンは自転車のための空間として認識されており、市内の自転車レーンでも歩行者や自動車が自転車の通行を妨げるようなことはほとんどない。このまちには、自動車や歩行者に煩わされることなく、自転車が自転車らしく走れる空間が用意されている。

雨天時のバス利用 季節変動が課題に

他の都市でも多く見られる形態だが、バスの運行は市が100%出資する有限会社が行っており、この会社が市内への電気・水の供給も手掛けている。ミュンスターでは「バスは雨の日にしか使わない傘のようなもの」ともいわれ、雨天時には乗客が急増するほか、季節変動も激しい。バス車両、乗務員数はピーク時を見越して設定され、荒天時には文字通り「傘」の役割を果たしているが、事業者の立場からすると頭の痛い問題だ。

自転車によるトラブルもないわけではない。都心の乗り入れ禁止区域を除き、まちなかには自転車が並び、朝夕は多くの自転車が行き交う。当然、事故もある。しかし、1台当たりの占有面積は自動車の数分の1。地球環境にも家計にもやさしい。そして、健康的だ。通り沿いの店に〝立ち寄る〟ことも自動車と比較するとはるかに容易である。自転車抜きに語れないまち、それがミュンスターだ。

遠藤俊太郎/カッセル大学(ドイツ)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

まちづくりの先進事例 Vol.4 ~ドイツ・ヴィッツェンハウゼン~ さくらんぼ産地の挑戦

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

ヴィッツェンハウゼンは、ドイツ中部・ヘッセン州北部にある人口約1万5千の小さなまち。ニーダーザクセン州との境界に位置し、メルヘン街道の一都...

前の記事

まちづくりの先進事例 Vol.2 ~ドイツ・ローテンブルク~ 中世のまちは全て「本物」

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

ローテンブルクは南ドイツの北、古城街道とロマンティック街道が交差する地点にある人口約1万の小都市で、城壁に囲まれた中世のままの旧市街が魅力...

関連記事

まちづくりの先進事例 vol.11 〜ドイツ・ゲルリッツ〜 人口減少下のまちなか再興

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

ドイツでは多くの地域で人口減少が進んでおり、とくに旧東独エリアではその傾向が顕著だ。ポーランドとの国境のまち、チェコまで約30分の距離に...

まちづくりの先進事例 vol.10 ~フライブルク~ 商業機能の立地を規制・誘導

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

フライブルクはドイツ南西部、「黒い森」に近い人口約22万の大学都市。トラム・LRT(次世代型路面電車)をはじめとする公共交通や自転車の利便性向...

まちづくりの先進事例 Vol.9 ~ドイツ・ザイフェン~ 熟練職人が彩るクリスマス

カッセル大学(ドイツ) 遠藤俊太郎

師走のにぎわいを支える小さなまち 12月に入り、ドイツはクリスマス一色になっている。ドイツでは、例年11月下旬から年末にかけて、通りや建物に...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする