日商 Assist Biz

更新

パラリンピックのチカラ File 13 覚悟のクラス転向で世界上位に 車いすテニス・クアードの新エース

菅野 浩二 (すげの・こうじ)

1981年8月24日埼玉県生まれ。リクルート所属。

世界ランキング(2020年3月16日時点)はクアード男子シングルス5位、同ダブルス6位

クアードとして初の世界挑戦となった年の飯塚国際車いすテニス大会(©Japan Open 2018)での菅野浩二選手。右握力の弱さは手袋で補い、摩擦力で車いすを操る 撮影:吉村もと

車いすテニスは、「男子」クラスの国枝慎吾(ユニクロ)や「女子」の上地結衣(三井住友銀行)らの活躍もあり、日本での知名度も高いが、パラリンピックではもう一つ、「クアード」という男女混合のクラスも実施されている。

「クアード」とは四肢まひを意味し、ルールでは両手両足のうち三つ以上に障がいのある選手を対象とする。テーピングでラケットを手に固定したり、障がいの程度により電動車いすの使用が認められることもある。手指の障がいのため車いすをこぎにくいが、スピードやパワーのみに頼らない、戦術や駆け引きを駆使した頭脳戦にも注目したい。

そんなクアードの日本のエースとして期待されているのが、菅野浩二だ。東京パラリンピックのクアードの出場枠は16で、来年6月7日時点の世界ランキングで上位12位以内の選手は自動的に内定する。菅野は現在5位。今後、国際大会の成績により変動もありうるが、十分に狙える位置にいる。

高校1年のとき、交通事故で頸髄(けいずい)を損傷し、首から下にまひが残って車いす生活になった。20歳頃から車いすテニスを始めたが、最初は趣味の範囲で楽しみ、時折、国内大会の「男子」クラスに出場する程度だった。

転機は2016年末。握力もかなり弱く「クアード」の対象でもあった菅野は、ベテランのパラリンピアン齋田悟司(シグマクシス)から「東京パラも狙える」と助言された。当初は悩んだが、「可能性があるなら後悔したくない」と覚悟を決め、クラス分け審査を受検。17年から「クアード」に転向すると、18年アジアパラ大会で金(ダブルス)、銀(シングルス)のメダル獲得、19年の国別対抗戦「ワールドチームカップ」では日本の大黒柱として初優勝にも貢献した。

武器は持ち前の身体能力を生かしたチェアワークとパワーショット。相手の返球コースを先回りする予測力にも長け、「世界ではずる賢いプレーも必要」と相手を翻弄(ほんろう)するフェイントにも磨きをかける。

「東京パラでは、サポートしてくれた会社や家族に、結果という形で恩返ししたい」

目指すはもちろん金メダル。延期を追い風に、さらなる進化を誓う。

車いすテニス

車いすを操り、コート内を自由自在。激しいラリーや頭脳プレーに注目!

2バウンド以内での返球が認められている以外は、コートの広さやネットの高さをはじめ、ルールはオリンピックのテニスと同じなので観戦しやすい。見どころの一つはラケット片手に車いすを巧みに操る「チェアワーク」。急加速や方向転換のほか、車いすでは真横に動けないため、素早く回り込むようにしてボールを追う。クラス別にシングルスとダブルスが行われる。

競技紹介 https://tokyo2020.org/ja/paralympics/sports/wheelchair-tennis/

星野 恭子(ほしの・きょうこ) スポーツライター http://hoshinokyoko.com/

次の記事

半谷静香 柔道

日本視覚障害者柔道連盟は8月下旬、来夏の東京パラリンピック日本代表候補の推薦内定選手を発表し、女子48㎏級には3大会連続となる半谷静香が選ばれた。同階級は東京大会の柔道…

前の記事

古川佳奈美 卓球

「初めてのパラリンピックの空気を楽しみたいです。憧れていた舞台に自分が本当に立てるとは夢のよう。まだ信じられないです……」朗報が届いたのは7月1日。国際卓球連盟からの通…

関連記事

櫻井杏理 車いすフェンシング

一般のフェンシングとほぼ同じルールだが、特殊な装置に固定した車いすに座って対戦し、フットワークが使えない点が大きな特徴であり、見どころ……そんな車いすフェンシングの日…

高嶋活士 馬術

パラリンピックで唯一、動物とのコンビで行う馬術。人馬一体となって演技し、正確性や芸術性が採点される馬場馬術で競う。感情をもつ馬との信頼関係が勝敗に大きく影響する。高…

豊島英 車いすバスケットボール

パラリンピック屈指の人気競技、車いすバスケットボール。キュキュ、ギュッ―激しい車いす操作による床との摩擦でタイヤのゴムが焼けた匂いも時おり漂う。パスやドリブルで運ば…