日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 琵琶湖が育てた希少な鮎「小あゆ煮・あゆの姿煮」

小あゆ煮・あゆの姿煮3尾詰合せ 3300円(税抜)

優美な容姿と、香り高く、淡白な味わいの中に後味を残すはらわたの高貴な苦味。鮎は川魚の王様。自然の神様はよくぞこんなうまい魚を作り出してくれたと感謝する。ほぼ全国の清流に生息しているが、琵琶湖産の天然小鮎は成魚でも10㎝以下という、世界で唯一ここにだけ見られる希少な鮎として珍重されている。

朝一番に琵琶湖の浜に水揚げされたこの“小鮎”を、小さな釜で少しずつ、直火で炊き上げたのが「小あゆ煮」。熟練の職人が手間暇を惜しまず、数時間付きっきりで仕上げる。できあがりはふっくらと柔らかで、煮崩れもいっさいない。“香魚(こうぎょ)”と呼ばれる鮎の独特の香りを逃さずに、甘すぎも辛すぎもしない上品な食味は、熱いご飯のおかず、酒のさかなにぴったりだ。「あゆの姿煮」は琵琶湖産の稚鮎を自然に近い形で成魚に育て上げたものを、じっくりと数時間煮込んだもの。美しいあめ色の姿態は眺めているだけで感動するほどだ。じっくり煮込んでいるので、骨やひれも箸でほろりとほぐれるほどで、口にひっかかることがない。皿に盛った一尾を少しずつ味わいながら、杯を交わすときのシアワセといったら。日本一の湖・琵琶湖と、滔滔(とうとう)と流れる湖水にたゆたう鮎に感謝!

Data

社名:あゆの店きむら(木村水産)

所在地:滋賀県彦根市後三条町725

電話: 0749-22-1775

Information

HP:http://www.ayukimura.co.jp/

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

島根県 浜田市

若者の練り物離れが進んでいるそうだ。酒のさかなはもちろん、お茶請けにもご飯のおかずにもなる練り物は我が家の冷蔵庫の常備品だが、全国の生産量も年々減っているとは驚いた…

前の記事

宮崎県 日南市

飫肥は美しいまちだ。宮崎県日南市にあり、天正15(1587)年から明治初期までの約280年間、飫肥藩伊東氏の城下町として栄えた。飫肥城を中心に武家屋敷街、商人町、寺町などが…

関連記事

鹿児島県 鹿児島市

黒豚、さつま揚げ、焼酎などうまいものがそろうグルメタウン鹿児島。全部好物だが、一番は鹿児島ラーメン。繁華街天文館に店を構える「こむらさき」のラーメンが大好きだ。鹿児…

愛知県 豊橋市

豊橋での夕食は、毎回おでんと決めている。ウナギ、カレーうどん、いなりずしなど心ひかれる豊橋名物は数あるが、ちくわや揚げはんぺん、ごぼう巻きなどおでん種の練り物が半端…

北海道 稚内市

ポンたらを皿に盛り、マヨネーズ、しょうゆ、七味唐辛子を用意したら熱かんをつけて準備完了。ポンたらを皮からむしっては食べ、むしっては食べ、あらあら熱かんがもうすっから…