日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 続・こうして店は潰れた/改訂増補 パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く

続・こうして店は潰れた 地域土着スーパー「やまと」の挫折と教訓

小林久 著

本紙連載「商いの心と技」の商い未来研究所代表・笹井清範氏が推薦する。「自身の倒産に至る経緯・原因を赤裸々につづり、『こうして店は潰れた』を大幅に増補改訂。コロナ禍により、過去最大級の倒産と休廃業の危機に見舞われる経営者必読のドキュメンタリー」とのお墨付きだ。

著者は、105年間営業し、2017年12月に経営破綻した山梨県韮崎市のスーパー「やまと」の元社長。今後が見通せず、同じ悩みを持つ経営者に役に立つ書といえる。

(四六判/272ページ/1600円(税抜き)/同文舘出版)

改訂増補 パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く

野原蓉子 著

どのようなことがパワハラとなるのか、被害者から相談があったときに職場や相談窓口はどう対応したらよいのか、当事者双方からしっかり話を聴き取るための留意点は何かなどをパワハラの6要素に即して詳しく解説。会話形式による問題解決に至った相談例、対応を誤った例とその改善例を取り上げる。

(A5判/136ページ/1300円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーと...

前の記事

おすすめ書籍 ジェトロ世界貿易投資報告2020年版/それでも音楽はまちを救う/商業社会学序説

八木良太/金子正信

ジェトロ世界貿易投資報告2020年版~不確実性増す世界経済とデジタル化の行方~世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資・通商ルール動向を...

関連記事

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

おすすめ書籍 新型コロナとまちづくり

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが...

おすすめ書籍 ポストコロナを生き抜く術! [実践]強い会社の人を大切にする経営

坂本光司/坂本洋介/水沼啓幸

コロナ禍でもしっかりと大切な取り組みを続ける企業は、事業を見つめ直す機会と捉え、来たるべき新しい時代に備える。社員の教育を強化し、ビジネ...