セレクト地域短信 飲食店応援事業、消費総額3億9千万円

宇和島商工会議所(愛媛県)と宇和島市内の2商工会は7月23日~8月22日、飲食店応援事業「食べて応援!うわじま30%OFFキャンペーン」を実施し、まちのにぎわい回復に成果を上げた。市の委託事業で、参加店利用時に同申込書を提出すると、1回の会計(2千~5万円)がその場で30%割引となるもの。約180店が参加し、割引分の約1億1500万円は市が負担した。期間中は職員が各店舗を巡回して感染防止対策の徹底を呼び掛け、懸念された感染者もなく店舗・消費者の好評を得て、1カ月のキャンペーン消費総額は約3億9千万円となった。

次の記事

セレクト地域短信 プレミアム付きバルチケット販売で事業者支援

静岡県 下田商工会議所

下田商工会議所(静岡県)は、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金事業として「下田開国バル~Roll Over COVID‐19~」を11月30日まで...

前の記事

セレクト地域短信 地元の宿をまとめて紹介 一押しプランで集客図る

山形県 鶴岡商工会議所

鶴岡商工会議所(山形県)は、新型コロナウイルスの影響を受けた宿泊事業者を支援するため、「DEGAM鶴岡ツーリズムビューロー」と連携し、鶴岡市内...

関連記事

セレクト地域短信 「創業の部屋」開設 シニア起業家育成へ

埼玉県 深谷商工会議所

深谷商工会議所(埼玉県)はこのほど、企業を定年退職した人材の起業家育成事業を支援する場「創業の部屋」を同所3階に開設した。「創業の部屋」を...

セレクト地域短信 接種証明グッズ配布 利用客へ安全性をPR

広島県 福山商工会議所

福山商工会議所(広島県)は1日、オリジナルの新型コロナワクチン接種関連ツールの無償提供に当たり、会員限定で希望する事業所の申し込み受け付け...

セレクト地域短信 食品衛生で連携協定 HACCP対応を支援

福岡県 中間商工会議所

中間商工会議所(福岡県)は10月25日、中間市、HACCP(ハサップ)ジャパン、楽天コミュニケーションズと「あんしん安全な『飲食の街』を目指す連携...