会頭会見 潜在成長率引き上げへ 骨太方針に具体策期待

日本商工会議所の三村明夫会頭は5日、定例の記者会見で、骨太の方針2015に対して、「日本の潜在成長率を引き上げるものになるべき」との考えを強調。潜在成長率引き上げのための視点として、投資の増加、労働人口減少の抑制、労働生産性と資本生産性の向上の3点を指摘した上で、「潜在成長率を引き上げることを念頭に置いた政策がこれから具体的に出てくるであろう」と骨太の方針への期待を述べた。さらに、成長と財政健全化の両立については、社会保障制度の抜本的改革が必要との認識を改めて示した。

為替の動向については、「中小企業にとっては、今の、あるいはこれ以上の円安は好ましくない」との考えを表明。近日中に日商として為替水準の中小企業への影響などを調査する予定であることを明らかにした。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする