日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 箱根寄木細工の合子

露木木工所(つゆきもっこうしょ)(神奈川県小田原市)

左から「麻葉」「松皮菱(まつかわびし)」「青海波(せいがいは)」。アクセサリーなどをしまうのに適した4㎝四方ほどの小箱です(撮影:加藤正博)

今月は、多様な天然木のぬくもりを身近に楽しむことのできる箱根寄木(よせぎ)細工の「合子(ごうす)」をご紹介します。

箱根の山々は樹種が多く、平安時代から木工芸が発達した地域でした。寄木とは天然木がそれぞれ持っている異なる色合いを生かして組み合わせ、緻密な幾何学模様を描く技術ですが、その寄木をかんなで薄く削って指物の表面に貼る「ズクもの」は、小田原・箱根地方独自のものだといいます。

手のひらに収まるほど小さい合子は、見本用の寄木細工が欲しいという声に応えて制作されました。細かい模様のパーツを組んでひとまとまりとした寄木をろくろなどで削る「ムクもの」という方法でつくられており、ふたを開けると箱の内部にまで美しい模様が現れます。1926年創業の露木木工所は時代の変化に合わせて、生活に溶け込むものづくりを目指し、駅の案内板やオフィスのテーブルなど新しい分野へも挑戦しています。

お問い合わせ

露木木工所

TEL:0465-37-3007

HP:https://www.yosegi-g.com/

※月刊石垣2020年11月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 カラー枡

大橋量器

今月は、ポップなペイントを施すことで木枡の新たな可能性を提案するカラー枡(ます)をご紹介します。大垣市の枡産業は、明治時代の中ごろに枡づく...

前の記事

伝えていきたい日本の技 「抗菌富士」登山道のしおり

三光製作

今月は、抗菌めっきを施し、富士山をモチーフにした「抗菌富士」シリーズのしおりをご紹介します。長年めっき加工会社としてさまざまなめっきを請...

関連記事

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...