日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 カラー枡

大橋量器(おおはしりょうき)(岐阜県大垣市)

鮮やかな色とナチュラルな木肌を組み合わせたデザインは海外でも高く評価され、注目を集めています(撮影:加藤正博)

今月は、ポップなペイントを施すことで木枡の新たな可能性を提案するカラー枡(ます)をご紹介します。

大垣市の枡産業は、明治時代の中ごろに枡づくりの職人が技術を持ち込んだことで始まり、良質なヒノキの産地が近かったため盛んにつくられるようになりました。現在では生産量の全国シェア80%を占める、木枡の一大産地となっています。

「カラー枡」は、計量したり、酒を飲むためのものという枡の従来のイメージを覆し、インテリアとして使ってもらえたらという着想から開発されました。カラフルな小物入れとして、もちろん酒器としても使えるよう、1点ずつ手作業でシルク印刷を施し、液体ガラスでコーティングしています。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

露木木工所

今月は、多様な天然木のぬくもりを身近に楽しむことのできる箱根寄木(よせぎ)細工の「合子(ごうす)」をご紹介します。箱根の山々は樹種が多く、平安時代から木工芸が発達した地…

関連記事

三光製作

今月は、抗菌めっきを施し、富士山をモチーフにした「抗菌富士」シリーズのしおりをご紹介します。長年めっき加工会社としてさまざまなめっきを請け負ってきた三光製作は、2013…

大橋メリヤス

今月は、メリヤス編みを得意とする大橋メリヤスが展開する編物ブランド「Amiza(アミザ)」をご紹介します。奈良時代には朝廷に絹を納め、徳川家康に軍旗を献上するなど、古くか…

大曲花火倶楽部

今月は、夜空を華やかに彩る夏の風物詩、秋田県大曲の大輪の打ち上げ花火をご紹介します。「大曲の花火」は江戸時代ごろから記録が残されており、花火は地域行事や商人への接待…