伝えていきたい日本の技 カラー枡

大橋量器(おおはしりょうき)(岐阜県大垣市)

鮮やかな色とナチュラルな木肌を組み合わせたデザインは海外でも高く評価され、注目を集めています(撮影:加藤正博)

今月は、ポップなペイントを施すことで木枡の新たな可能性を提案するカラー枡(ます)をご紹介します。

大垣市の枡産業は、明治時代の中ごろに枡づくりの職人が技術を持ち込んだことで始まり、良質なヒノキの産地が近かったため盛んにつくられるようになりました。現在では生産量の全国シェア80%を占める、木枡の一大産地となっています。

「カラー枡」は、計量したり、酒を飲むためのものという枡の従来のイメージを覆し、インテリアとして使ってもらえたらという着想から開発されました。カラフルな小物入れとして、もちろん酒器としても使えるよう、1点ずつ手作業でシルク印刷を施し、液体ガラスでコーティングしています。

縁起物でもあり、国産ヒノキの香りとあられ組みと呼ばれる伝統的な組み技術を楽しめる枡の魅力を届けるため、大橋量器は「粋な枡」を追求し続けています。

お問い合わせ

大橋量器

TEL:0584-78-5468

HP:http://www.masukoubou.jp/index.php

※月刊石垣2020年12月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 「おおてらのミニ干支」

大寺幸八郎商店

今月は、高岡市の伝統工芸である高岡銅器の技術を生かした、小さな干支(えと)の置物をご紹介します。加賀藩の二代目藩主・前田利長は地場産業を育...

前の記事

伝えていきたい日本の技 箱根寄木細工の合子

露木木工所

今月は、多様な天然木のぬくもりを身近に楽しむことのできる箱根寄木(よせぎ)細工の「合子(ごうす)」をご紹介します。箱根の山々は樹種が多く、平...

関連記事

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー 無料会員限定

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...