日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 「おおてらのミニ干支」

大寺幸八郎商店(おおてらこうはちろうしょうてん)(富山県高岡市)

1年に1種ずつ発売され、12年かけて勢ぞろいした銅製十二支。黒、茶、肌の3色展開で、銅の風合いを楽しめます(撮影:加藤正博)

今月は、高岡市の伝統工芸である高岡銅器の技術を生かした、小さな干支(えと)の置物をご紹介します。

加賀藩の二代目藩主・前田利長は地場産業を育てるため7人の鋳造師を当地に招き、金物の生産を奨励しました。当初、鍋など鉄器から始まった高岡の金物産業は、やがて美術銅器や仏具の生産へと発展し、高岡銅器として広く知られるようになります。現在でも、銅器の全国生産額の9割以上は高岡市が占めています。

干支の置物といえば床の間などに飾る大きなものが主流ですが、現代の暮らしによりなじむものをと、大寺幸八郎商店がデザイナーの林悠介さんと手掛けたのが「ミニ干支」です。大きいものでも高さ5㎝ほどのサイズでありながら、丁寧に造形された愛嬌(あいきょう)のある姿と、銅ならではの色合いや重厚感が楽しめるミニ干支は、一年を通じて置いておける縁起の良いオブジェとして人気を集めています。

お問い合わせ

大寺幸八郎商店

TEL:0766-25-1911

HP:https://ootera.com/

※月刊石垣2021年1月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 sufuto

清原織物

今月は、伝統的な綴織(つづれおり)の技術を生かして「祝いの品々」を展開するブランド、「sufuto(すふと)」をご紹介します。綴織は世界各地で古く...

前の記事

伝えていきたい日本の技 カラー枡

大橋量器

今月は、ポップなペイントを施すことで木枡の新たな可能性を提案するカラー枡(ます)をご紹介します。大垣市の枡産業は、明治時代の中ごろに枡づく...

関連記事

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...