この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 シイタケ商売は大もうけを狙うより実直に手堅く顧客の信用を得る

有限会社森菊商店

日本におけるシイタケの栽培は、江戸時代初期に豊後国(現在の大分県)の炭焼き源兵衛が始めたという説がある。それから約400年後の現在、大分県の...

前の記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 菰縄の需要が減っても生き残れるようにアイデアで‶絶滅危惧種〟の未来を探る

株式会社岸本吉二商店

灘や伊丹といった酒どころに囲まれた兵庫県尼崎市で、岸本吉二商店は明治33(1900)年に初代の岸本吉二が創業して以来、菰縄(こもなわ)づくりの伝...

関連記事

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 世界に注目されるスペシャリティー企業として日々変化する医薬の世界で挑戦し続ける 無料会員限定

富田製薬株式会社

「鳴門の渦潮」で有名な鳴門海峡の西側にあり、古くから塩づくりが盛んだった徳島県鳴門市に、富田製薬はある。その歴史は、創業者の富田久三郎が...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 野菜の種屋として右往左往せず本質を守り新たな品種を開発して市場に届けていく

松永種苗株式会社

愛知県北西部、岐阜県との県境を流れる木曽川に面した江南市で、松永種苗は野菜の種子や苗の育種、生産、卸販売を行っている。明治16(1883)年に...

100年経営に極意あり!長寿企業の秘密 未来の食卓では和食だけでなく世界の料理で魚のだしが使われることを目指す

ヤマキ株式会社

愛媛県はかつお削り節では全国でも有数の産地として知られている。その中心が瀬戸内海西部の伊予灘に面した伊予市で、削り節やだしの素、めんつゆ...

検索

月刊「石垣」

20231月号

特集1
「品質と味」がブランドになる 世界に売り出せ日本産食材・食品

特集2
新春誌上セミナー 2023年の日本の展望と世界経済の行方

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする