日商 Assist Biz

更新

あの人を訪ねたい 紫舟

「みんな大変な時代です。つらいときは堂々と倚りかかっていいんです」

6歳から書道を始め、2010年に「龍馬伝」の題字を手掛けた書家でアーティストの紫舟さん。書を立体的な彫刻やデジタル技術や照明を用いた光の作品に昇華させ、唯一無二の現代アートを確立した。常識にとらわれない感性はどこからくるのか。コロナ禍にあって、作品にかける思いを伺った。

世界で愛される理由

10月に行われた紫舟さんの展示会「ラブレタープロジェクト’20 行ってはいけない処~地獄~」でこんな一幕があった。講演の最後に書を披露することになった紫舟さんは、すぐには筆を取らず机に両手を付いたまま30秒ほど静止した。それまで穏やかな雰囲気だった会場はピタリと静まり返り、観客の緊張感が高まると、紫舟さんは毛の長さが通常の2倍はある特注の筆を手に取り、流れるように書を披露した。描いた言葉は「倚(よ)りかかる」。ほう……と観客のため息が漏れる中、紫舟さんは書に込めた思いを語り始めた。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

第十五代目穴太衆頭/株式会社粟田建設 社長

全国各地に残る城の多くは、今では天守閣がなかったり、あったとしても復元建造物だったりする。しかし、石垣は当時のまま残っているところがほとんどだ。その石垣をつくってい…

関連記事

QRコード開発者/株式会社デンソーウェーブ AUTO-ID事業部 技術2部 主席技師

国が推進するキャッシュレス決済の中でも利用額を急速に伸ばしている「QRコード決済」。「QRコード」とは、デンソーウェーブの技術者・原昌宏さんが主導したプロジェクトから生…

フラワーアーティスト

フラワーショップを国内外で14店舗経営するなど、カフェ経営、フラワースクール事業、高級ファッションブランドとの共同プロジェクトを成功させたフラワーアーティストのニコラ…

Jリーグチェアマン

五代目にして初のビジネス界出身者としてJリーグチェアマンとなった村井満さん。企業経営で培った手腕を生かし、経営基盤の拡大、収入増を図ってきた。任期2年の再選を繰り返し…