日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 事業報告 YEGの日事業「渋沢栄一翁プロジェクト」第1弾 WEB講演・対談 2020年11月2日

熱く語る澁澤健氏

日本商工会議所青年部(日本YEG)広報委員会は、オンラインで渋沢栄一翁の玄孫(やしゃご)・澁澤健氏による講演会と同氏と日本 YEG 米良充朝会長との対談を開催した。オンラインのみ(会長含む日本YEG執行部は現地参加)の開催という初の試みであったが、全国から1000人を超える登録があった。

11月11日は「YEGの日」

「YEGの日」は、11月11日またはその近日に、各単会が事業を行ってYEGブランドをメディアなどに発信し、会員の帰属意識・連帯感の高揚につなげようと平成24年度に制定された。昭和56(1981)年11月11日、群馬県前橋市で「全国商工会議所青年部連合会第1回全国大会」が開催され、同大会での緊急動議により、全国組織としての日本YEGが誕生したことによるもの。

今回は「YEGの日」事業として「渋沢栄一翁プロジェクト」第1弾を開催。同プロジェクトは、38歳の若さで明治11(1878)年に東京商法会議所を設立・初代会頭に就任、令和6(2024)年には日本国の1万円札の顔となる渋沢栄一翁について紹介し、YEGによる対外的な認知度アップを目的に実施するものである。

第1弾となる本事業では、渋沢栄一翁の玄孫である澁澤健氏を迎え、メンバーが経営者として研さんするためのWEB講演と対談を実施した。

『と』という文字の持つ力

第1部の講演会のテーマは「渋沢栄一の「論語と算盤」で未来を拓く」。澁澤氏は「『論語と算盤』の大事なポイントは、『幸福の継続』と『富の永続』であり、現代の言葉で言い換えると、『持続可能性(サスティナビリティ)』、『包摂性(インクルージョン)』である。加えて、論語『と』算盤のように『と』という文字の力を理解し実践することが大事だ。論語『と』算盤のような、一見矛盾があり並列ではなく実践が難しい、『と』を挟んだ両者について、あきらめることなく試行錯誤を繰り返して考え、実践し両立することが大事である。両立することによって新たなモノの創造=クリエーションへとつながる可能性を表す文字である」と語った。経済の潮流から金融論、倫理的側面と資本主義など多岐に渡る講演内容を聞いて、経済人としての目標やその達成に向け何をするのかを考えるきっかけとなった。

経済は『ありがとう』の連鎖

第2部は、「青年経済人が渋沢栄一翁から学ぶこと」をテーマに、澁澤氏と米良会長の対談が行われた。

今後の日本はどのように舵を取ればよいのか、超高齢化社会へ突入する日本の行く末は? もし渋沢栄一翁が生きていたら、どのような言葉を投げかけてくれたのか? 我々はそのようなことを考え、物事の本質を見抜く知恵を身に付けることや、情熱と強い意志を持つことなどを学んだ。

澁澤氏は対談で、「『経済はありがとうの連鎖』という言葉がある。商品やサービスに対して、お客さまは『ありがとう』と対価を払い、提供した企業も『ありがとう』とお金を受け取る。お金の流れには必ず感謝が存在し、経済は感謝の連鎖であって、『ありがとう』が増えれば増えるほど、価値が高まる」と話した。

さらに、さまざまな組織でよく耳にする「前例がない」「組織に通らない」「誰が責任を取るんだ」という「三つの言い訳」を挙げ、目標に向かって大きく飛躍するためには、この三つの言葉を排除することが必要であることを強調した。

 

当日の様子は、WEBにて限定公開(本年度中)しています。https://yeg.jp/2020/bookings/2/より登録すると視聴できます。是非ご登録ください。

次の記事

徳島県 鳴門商工会議所青年部

コロナ禍での活動は新型コロナウイルス感染症の影響で、当初予定していた事業がほとんど行えない状況が続き、阿波おどりも中止となり活気ゼロに近いです。しかし、毎月1日更新…

前の記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

関連記事

和歌山県 和歌山商工会議所青年部

平成18(2006)年に設立。県庁所在地ではあるがYEG未設置だったために、県内の他の商工会議所からの要望に応える形で、当初81人でスタートしました。連合会にも設立と同時に加…

日本YEG

日本商工会議所青年部(日本YEG)は、全国の商工会議所青年部の指導的役割を担う会長、次年度会長予定者、および担当事務局を対象に、地域経済を担うリーダーとしての資質の向…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…