日商 Assist Biz

更新

テーマ別誌上セミナー 働き方改革、「アフターコロナ」の切り札になるか? DXって何だ?

デジタル、IT、IoT、AIに続いてDXという言葉が“ブーム”になっている。そもそもDXとは何か、日常の業務にどう役立てればいいのか。中小企業のデジタル化に詳しい東京大学大学院教授の森川博之さんに話を聞いた。

森川 博之

東京大学大学院工学系研究科教授

森川 博之(もりかわ・ひろゆき) 東京大学大学院工学系研究科教授 1987年、東京大学工学部電子工学科卒。92年、同大学院博士課程修了。工学博士。2006年、東京大学教授。17年より現職。モノのインターネット/M2M/ビッグデータ、センサネットワーク、無線通信システム、情報社会デザインなどの研究に従事。新世代IoT/M2Mコンソーシアム会長、OECDデジタル経済政策委員会(CDEP)副議長、総務省情報通信審議会部会長、国土交通省国立研究開発法人審議会委員など。著書に『データ・ドリブン・エコノミー』『5G』など

DXに厳密な定義はなく「ループ」が重要

図1:「ループ」のイメージ 出典:経済産業省商務流通情報分科会情報経済小委員会「中間とりまとめ」を基に作成

―最初に基本的な質問ですが、デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、どのようなものなのでしょうか。デジタル、IT、IoT(モノのインターネット)との違いを教えてください。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

横山昌彦

長引く新型コロナウイルスの影響は、従業員にも予想以上に広がっている。テレワークをはじめとする就業形態の変化や業績の悪化、将来への不安など、感染そのものよりも従業員の…

関連記事

前野隆司

コロナ禍によって、日本の働き方改革が一気に進み出した。しかし、テレワークを導入するだけでは、会社の業績は上がらない。“ウィズコロナ、アフターコロナ”を見据えた働き方改…

『商業界』元編集長 笹井清範

過剰な情報はしばしば混乱を招き、行動の優先順位を狂わせる。新型コロナウイルス災禍の今日、経営者が優先すべきは「大切なもの」の再確認と、それらを守るための「経営資源」…

真壁昭夫/崔真淑/原田曜平/河合雅司

今号で本誌は創刊40周年を迎える。本誌が創刊した1980(昭和55)年から今日まで日本経済を支える中小企業が歩んできた道のりは決して平坦ではなかったが、その度に乗り越え、時…