日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 『VUCA』の時代のスキルとは

突然、『VUCA(ブーカ)』の時代となりました。

『VUCA』とは、変動性(VOLATILITY)、不確実性(UNCERTAINTY)複雑性(COMPLEXITY)、曖昧性(AMBIGUITY)の頭文字を並べた言葉です。私は2019年に、この言葉を知りましたが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、その訪れを実感して、11月号でもお話しさせていただきました。

今回はその時代に生きる我々に必要なスキル、仮説思考、自己改革力、ネットワーク構築力について説明したいと思います。

例えば、近年業績があがらない商店が、私にコンサルティングを依頼してきたとします。

コンサルティングとは、自分の経験を根拠として、目標を達成するための仮説を立て、それを具現化する仕事です。私はレイアウト、品揃え、目玉商品、広告、ポップなどを指導します。その際、さまざまな問題や抵抗があります。私はそれには反対しませんが、世の中が変わったのだから変えるしかないという事実は、経営者は分かっています。

仮説に基づいて変える、というのは容易ではありません。自力でやるのが難しい場合、他者の仮説を参考にしたり、若手の意見を広く聞いて参考にしたりするのも良いかもしれません。

『VUCA』の時代は長引きます。新しい流れを勉強して自己変革し、ネットワークを構築してください。これまでと異なるネットワークを構築しないと時代に適応できなくなります。

そしてコロナ禍の後に訪れる『new normal』の仮説を立て、それに向かって突き進むのです。

コロナの問題が大きくなり始めた頃、私はあるアパレル企業に「高級な部屋着をつくったら売れるよ」と、直感的指導をしました。1着5万円以上する服しか売らない洋品店が、高級とはいえ単価の安い部屋着を販売しても数字が伸びないのでは、というスタッフの意見もあったようですが、他に売り上げの立つ見込みがなかったので、「何かをやらないと……」と、上下で2万円弱の部屋着を準備して販売したところ、大反響でした。一人が数着買うので、結局客単価は下がらず前年と同等の売り上げを確保できているそうです。家族や親しい人にしか見られることのない部屋着ですが、その人たちに好評であれば、このシリーズは当分売れ続けるでしょう。

早期に『new normal』を見出した一例ですが、あなたの『new normal』は何になるでしょう。戦後の焼け野原ほどではないですが、新しいビジネスが必要とされるチャンスに満ちた時代が目の前に広がっています。ただ、今回は単純ではありません。仮説思考、自己改革力、ネットワーク構築力について、まず向き合ってみてください。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 コロナ禍中でも人生は変えられる

小山政彦

「仕事は楽しいものですか?」もしこう尋ねられたら、私は、「楽しいものではありません」と即答するでしょう。それほど私にとって仕事とは、悩ま...

前の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 ホウレンソウ・ダネの再確認

小山政彦

「ライオンに追いかけられたウサギが肉離れをするでしょうか?」サッカー選手が試合で肉離れをするのは、試合の準備ができていないということにほ...

関連記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 人は階段を上がるように成長する 無料会員限定

小山政彦

人の成長や進化は、ある意味、一瞬にして起きるものです。もちろん坂道を上るように、長い年月をかけて少しずつ変わっていくものもありますが、こ...

「下町育ちの再建王」の経営指南 お客さまに喜んでいただける金額で売る

小山政彦

「商品やサービスを売るのは、お客さまの最終的満足を売っているのであるから、安いことが全てではなく、その人の所得によって好みも異なる。従っ...

「下町育ちの再建王」の経営指南 世間話、無駄話の益

小山政彦

お客さまがご来店なさったとき、「いらっしゃいませ」と言うのと、「こんにちは」と言うのとでは、相手の心の温まり方が異なります。「いらっしゃ...