クローズアップ女性会 「菊のまち」魅力発信プロジェクト

色鮮やかな菊いかだが飾られた様子をSNSで発信する

地域経済回復の足掛かりに

二本松商工会議所女性会はこのほど、二本松市を象徴する菊の花を活用してまちの魅力をアピールする目的で、水盤などに洋菊(マム)を浮かべて飾る「菊いかだ」プロジェクトを開始した。12月1日に開かれた説明会には、同女性会会員や協力店事業主らが参加し、プロジェクトの説明や菊いかだの飾り方がレクチャーされた。

菊いかだは、市内の神社や寺院に飾られていた菊手水(ちょうず)を参考に、同市の地域おこし協力隊と共に考案したもの。同女性会では、市内の店舗などに飾られた個性的な菊いかだをSNSで発信し、「菊のまち二本松」の名を改めてPR。コロナ禍で落ち込む観光客の市内回遊の足掛かりとしたい考えだ。

昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、日本最大級の菊の祭典「二本松の菊人形」が中止となった。そこで企画された同プロジェクトは、イベントの中止で処分されることになった菊や、茎が細いなどの理由で市場に出回らない菊を買い入れ、地元の生産者支援と資源の有効活用を目指して取り組んだ。四千本購入し、10本1セットにして61の会員事業所や関係者に配布した。

同女性会の鈴木美砂子会長は「コロナ禍で大変な時だからこそ、菊を生かした新たな企画で二本松を盛り上げて、来年の菊人形イベントの成功につなげたい」と話している。

【女性会事業の情報をご提供ください】広報部(jcciishigaki1980@jcci.or.jp)へお寄せください。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

クローズアップ女性会 「こども食堂」へ食材を寄贈

兵庫県 明石商工会議所女性部

明石商工会議所女性部は11月25日、一般財団法人あかしこども財団を通して、明石市内の「こども食堂」で役立ててもらうための食材を寄贈した。コロ...

前の記事

クローズアップ女性会 スタンプラリーで活気をプラス

大阪府 池田商工会議所女性会

池田商工会議所女性会は10月31日から11月15日まで、「第19弾 めぐってまわってお話しましょ! お茶しましょ!」と題したスタンプラリーイベントを...

関連記事

クローズアップ女性会 第20回女性起業家大賞 受賞者紹介 無料会員限定

全国商工会議所女性会連合会

日本商工会議所と全国商工会議所女性会連合会は、第20回「女性起業家大賞」の受賞者を発表した。「女性起業家大賞」は、2002年度に創設。女性の視...

クローズアップ女性会 60周年記念イベント資金を県に寄付

徳島県 徳島商工会議所女性会

徳島商工会議所女性会は9月13日、コロナ禍の影響を受けている子どもたちの支援に役立ててもらおうと、県に30万円を寄付した。女性会の前会長でもあ...

クローズアップ女性会 足踏み式消毒液スタンド計6台を市内の図書館へ寄贈

大阪府 岸和田商工会議所女性会

岸和田商工会議所女性会は8月16日、女性会の創立10周年を記念する事業の一環で、市内の図書館で使用する足踏み式消毒液スタンド計6台を寄贈した。...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする