セレクト地域短信 北海製缶倉庫の活用検討 オール小樽で知恵結集

保全が望まれる北海製缶第3倉庫

小樽商工会議所(北海道)は、観光協会と共に、老朽化が進み解体が検討されている「北海製缶小樽工場第3倉庫」の保全活用を検討している。

小樽運河沿いにある同倉庫は、小樽運河と同時期の1924年に建築された市指定の歴史的建造物。長く運河の景観にも貢献し、建築物としても景観上の価値は高い。

1月14日には、同所が組織の事務局を務める「第3倉庫活用ミーティング」が発足。市民意識の醸成を図り広くアイデアを募りながら、民間側から保全活用の方向性を取りまとめ小樽市に提案することを目的としている。

組織の軸となるコア会議では「解体は考えず保全活用が大前提」「民間活用としてのプラン」「行政に多額の負担をさせない」「現状の土地利用規制にはこだわらない」「実現性のある案をまとめ、事業手法も併せて提案する」の5点を踏まえて検討していく。

3月には、市民を対象とした「オープン勉強会」を開催し、多くの市民と意見交換する機会をつくる。当日来場できない人向けにYouTubeなどでライブ配信も行う。

同所の山﨑久さんは、「市民や観光客に愛され、新たな息吹を吹き込む小樽のランドマークに生まれ変わるよう、オール小樽で保全・活用プランを考えていきたい」と期待を込める。

次の記事

セレクト地域短信 コロナ禍を照らしたイルミネーション 東日本編

北海道 名寄商工会議所/岩手県 花巻商工会議所女性会/福島県 会津喜多方商工会議所青年部/茨城県 下館商工会議所青年部/栃木県 足利商工会議所/千葉県 銚子商工会議所青年部

コロナ禍の冬、各地商工会議所では、少しでもまちや人々の心を明るくしようとイルミネーション事業を企画し実施した。特集では、その中のいくつか...

前の記事

セレクト地域短信 商店街にシェアオフィス 新たなビジネス創出図る

兵庫県 高砂商工会議所

高砂商工会議所(兵庫県)は、高砂市内の商店街の空き店舗を活用したシェアオフィス「起業家空間『LINC(リンク)』」を1月に開設した。テレワークや...

関連記事

セレクト地域短信 抗原検査センター設置 無料、予約不要で簡単に

大分県 宇佐商工会議所

宇佐商工会議所(大分県)は、宇佐市と共同で市内に無料で新型コロナウイルス感染症の抗原検査を行う「うさ抗原検査センター」を5月16日から6月30...

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...