日商 Assist Biz

更新

こんなときどうする会社の法律Q&A [今月のテーマ]在宅で業務を行っていた労働者の災害

Q 当社では在宅勤務を採用しています。先日、在宅勤務者が自宅から近くの郵便局に仕事上の郵便物を出しに行くついでに買い物などの私的な用事を済ませ、その後に転倒・負傷したという報告を受けました。このような、業務と私的な用事が混在するような場面での災害は、労災に該当するのでしょうか。

A 在宅勤務者においても、要件を満たせば労災の適用となりますが、当然ながら私的行為に起因する災害については労災は適用されません。

厚生労働省のガイドラインはこちらから

テレワークの考え方を周知する

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の目的で、出勤せずに自宅やサテライトオフィスなどで事業場外労働を行う、いわゆるテレワークの導入に積極的な企業が多く見られるようになりました。大企業のみならず、中小企業にも浸透し始めています。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

第一法規株式会社

当社では、営業担当者にノートPCを貸与しています。客先での商品説明などに使用していますが、最近、タブレットに替えられないかとの相談がありました。導入すべきか判断する際…

関連記事

第一法規株式会社

Qわが社は副業を認めています。複数の会社に雇用されている就業者が他社での仕事中にケガをして休業することになりましたが、この場合の労災保険はどのようになりますか?A複数…

第一法規株式会社

レストランを経営しています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などの感染リスクが高い業務に就く従業員の健康管理や、万一、その業務が理由で感染が確認された場合の会社…

第一法規株式会社

当社は接客業のため従業員がウイルス感染するリスクが高く、今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についても感染防止対応に苦慮しました。今後も万一に備え、労災保険と…