日商 Assist Biz

更新

i-BOX 今月の情報宅配便!! レーザー加工技術を生かした飛沫防止‶タクシールド〟

代表取締役の茂原睦男さん

タク技研

基板にはんだペーストを印刷する際に使用する、メタルマスクの作製を主とする長野県佐久市のタク技研。高精度レーザーで加工されるメタルマスクは、家電メーカー・自動車関係・医療関係など、さまざまな業種で採用されている。また、同市はマンガ「北斗の拳」の原作者・武論尊氏の出身地であることから、北斗の拳オリジナルグッズ(枡、コースター、タンブラーなど)にも同社のレーザー加工技術が生かされており、これらなどは同市のふるさと納税返礼品にも採用されている。

昨年、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、レーザー加工技術を生かして何かができないかと考えた社長の茂原睦男さんは、飛沫感染予防用パーテーションの製作に取り掛かった。試作を重ね完成した‶タクシールド〟を、佐久商工会議所に持ち込んだところ、その場で購入が決定した。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

山形県 米沢商工会議所

電子機器の開発・設計から量産までの一貫体制で、製品を提供している山形県米沢市の創成電子はこのほど、医療機器製造販売業者バイオエコーネットからの製造の委託を受け、非接…

関連記事

秋田県 横手商工会議所

本誌2019年5月号でご紹介した秋田県横手市の物流事業者ヨコウンはこのほど、環境負荷軽減車両の導入やエコドライブの効果により、CO2の排出の削減(19年度の排出量が17年度比で…

石川県 輪島商工会議所

石川県の輪島商工会議所はこのほど、国土交通省が2006年度から実施している環境保全に関する取り組みに顕著な功績があった事業者、事業所、団体に対して行う「交通関係環境保全…

福井県 鯖江商工会議所

明治中期創業の老舗印章店で、20年前からネットでの印鑑販売も展開する「小林大伸堂」は、このほど命名ギフト「こまもり箱」を発表した。「親の愛で作るわが子のお守り箱」をコ…