セレクト地域短信 美濃焼の丼ごと料理をテークアウト 飲食・陶磁器業界を支援

専用ケースでテークアウト

土岐商工会議所は2020年12月から、地場産業の美濃焼の丼(どんぶり)を活用したテークアウト事業「丼ぶり屋さん」を実施している。新型コロナウイルス感染症の流行により経営が悪化した飲食店や陶磁器業界を支援する企画で、陶磁器メーカー8社が14種類の丼を提供、飲食店12社がテークアウト用メニューを用意し器ごと販売している。プラスチック容器はごみになるが、丼はその後も使えるため廃棄物削減にもなると注目されている。

飲食のテークアウトは全国で推進されているが、同所は他にない独自の支援をしようと20年9月から連携する陶磁器メーカーや飲食店を募集し、持ち帰り用段ボールケースを用意するなど準備を進めた。飲食店からの丼の注文は同所が取りまとめて陶磁器メーカーに発注し、代金の請求・支払いも間に立って行う。

テークアウト用メニューは種類も豊富。購入者からは「見た目もよく、冷めなくておいしい」「手頃な値段で丼がもらえるのでお得」と好評だ。同所は「地産地消やごみの削減など環境問題の解消にもつながる。メーカー、飲食店、消費者にメリットがある〝三方よし〟の事業」と胸を張る。今後、消費者の反応や利用状況を見て参加するメーカーや飲食店の数を増やしていく予定だ。将来的には新たなビジネスモデルとして構築し、全国に向けた販路拡大を目指す。

丼ぶり屋さん詳細はこちら https://peraichi.com/landing_pages/view/donburiteikuauto

次の記事

セレクト地域短信 昨年12月に地域団体商標登録 名物「指宿温泉」「指宿砂むし温泉」

鹿児島県 指宿商工会議所

指宿商工会議所が特許庁の地域団体商標へ登録出願していた指宿市の名物「指宿温泉」および「指宿砂むし温泉」が、2020年12月17日付で商標登録され...

前の記事

セレクト地域短信 だいだい商品、認知度向上へ 女性が評価する品評会を開催

静岡県 熱海商工会議所

熱海商工会議所は1月13日、熱海市の特産品であるかんきつ「熱海だいだい」を使った商品の品評会を市内で開催した。同市は全国でも有数のだいだい生...

関連記事

セレクト地域短信 「創業の部屋」開設 シニア起業家育成へ

埼玉県 深谷商工会議所

深谷商工会議所(埼玉県)はこのほど、企業を定年退職した人材の起業家育成事業を支援する場「創業の部屋」を同所3階に開設した。「創業の部屋」を...

セレクト地域短信 接種証明グッズ配布 利用客へ安全性をPR

広島県 福山商工会議所

福山商工会議所(広島県)は1日、オリジナルの新型コロナワクチン接種関連ツールの無償提供に当たり、会員限定で希望する事業所の申し込み受け付け...

セレクト地域短信 食品衛生で連携協定 HACCP対応を支援

福岡県 中間商工会議所

中間商工会議所(福岡県)は10月25日、中間市、HACCP(ハサップ)ジャパン、楽天コミュニケーションズと「あんしん安全な『飲食の街』を目指す連携...