もらってうれしい大人の手土産 うま味成分100%の無添加干しエビ 「開運勝ちえび」

開運勝ちえび30g(紙袋/大)648円(税込)※15g、70gもあり

長洲(ながす)漁港は国東半島の西側、豊前海に面した穏やかな漁港で、昔から赤エビ漁が盛んに行われてきた。漁港は毎日エビで赤く染まり、多い時は〝エビ舎〟と呼ばれる干しエビ加工業者が10社以上あったが、現在は3社に減少。その一つ「上野水産」が守り続ける伝統の味が「勝ちえび」だ。

パッケージに描かれた鳥居は、地元宇佐市に鎮座する八幡総本宮・宇佐神宮をイメージしたもの。〝開運〟の文字がどこか神々しい。

勝ちえびとは、取れたての赤エビを水洗いし、塩だけ加えて釡ゆでした後に乾燥させ殻を取った干しむきエビ。昔は干しエビの殻を外す時にたたき棒を使用し、カチカチと音がすることから「かちえび」と言われるようになった。勝負ごとなどの〝勝ち〟に例えて商品名も勝ちえびに。縁起物として、名物土産として、多くの人に愛されてきた。

味付けは塩のみ。そのまま食べても戻してサラダにしてもうまい。しっかり干してあるため、うま味が増し、かめばかむほど自然のエビの味が口の中に広がっていく。また、よくだしが出るので、吸い物や雑炊にすればワンランクアップした一わんになる。人口着色料、人工甘味料、人工保存料など一切不使用。優しい食品だ。

Data

社名:有限会社上野水産(うえのすいさん)

所在地:大分県宇佐市大字長洲4287

電話:0978-38-0011

FAX:0978-38-0734

HP:http://www.uenosuisan.co.jp/

【宇佐商工会議所】

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。
この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

もらってうれしい大人の手土産 気が向いたらポイと口に放り込む 純粋な甘さの黒糖をどうぞ 「地釜炊き純黒糖」

沖縄県 浦添市

疲れた時には、一かけらの黒糖をなめるとスーッと体も心もほぐれてくるから、あら不思議。仲宗根黒糖の「地釜炊き純黒糖」は私にとって薬やサプリ...

前の記事

もらってうれしい大人の手土産 こだわりの千葉県産ピーナッツとミルクがコラボした濃厚アイス 「ピーナッツアイス」

千葉県 館山市

千葉県生まれなのでピーナッツにはかなり思い入れがある。なにしろ日本のピーナッツの総生産量は1万5600tで、その8割5分の1万3000tが千葉県産。幼...

関連記事

もらってうれしい大人の手土産 飛騨料理に欠かせない伝統の味 「こもとうふ」 無料会員限定

岐阜県高山市

山々に囲まれた飛騨の食は、朴(ほう)葉みそや漬物ステーキなど独特な郷土料理が多い。ほかの地にはない魅力的な里料理が勢ぞろいする。「こもとう...

もらってうれしい大人の手土産 新鮮な地養卵に県産の果実をトッピング 「湯庵プリン」

福島県 福島市

温泉地の名物が温泉まんじゅうだったのは今は昔。現在、温泉地の土産を代表するのはプリンといえる。全国各地にご当地プリンが存在し、どれも非常...

もらってうれしい大人の手土産 百年肉屋がつくるハンバーグ 「かごしま黒豚ハンバーグ」

鹿児島県 鹿児島市

肉の王国・鹿児島。肉質がしまり、さっぱりした脂身とジューシーさが特徴のかごしま黒豚に、和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」でチャンピ...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする