わが社もできるIT化/身の丈ITで生き残れ! vol.30

進藤彰会長は地元の農業活性化にも熱心で、若手農業グループと手を組み「互いが足りない分野を補う」集合体として「コネクト」を結成して活動している

野菜・果樹・花卉(かき)といった園芸作物の露地栽培は、自然環境の影響を強く受けたり、作物の生育時季に合わせて作付けしたりするため栽培管理が難しいという課題がある。H.Kグループに属する農業法人の葉月は、環境制御装置を備えた農業ハウスを建築することで課題を克服した。

顧客と社員を守るため前例のない計画を推進

愛媛県宇和島市に本社を置くH.Kグループは、冠婚葬祭の生花装飾部門の華月(かげつ)、花卉や野菜の生産部門の葉月(はづき)、仲卸・販売・物流部門の千華(せんか)から成る企業グループ。農業生産法人の葉月は同市の約9500㎡の用地に、IT機器によって育成環境を制御する農業ハウス(ITハウス)2棟と育苗棟および加工施設など総工費約3億5000万円で建設し、商標登録したブランド菊「菊媛(きくひめ)」を栽培している。グループ会長の進藤(しんとう)彰さんは、「いずれ10棟建設する計画ですが、5棟に達した段階で総生産量は250万本を超えます」と生産計画を話す。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

わが社もできるIT化/身の丈ITで生き残れ! vol.29

株式会社パスカル

長野県佐久市に本社を置くパスカルは、ソフトウェア開発を通じて製造工場の生産性や効率性を向上させるソリューションを提供している。2015年には...

関連記事

わが社もできるIT化/身の丈ITで生き残れ! vol.28

株式会社ネオマルス

ネオマルスは社内の課題である錯綜(さくそう)するメールの整理と情報共有、社外の課題であるパートナー企業の業務効率向上をIT化によって解決した...

わが社もできるIT化/身の丈ITで生き残れ! vol.27

株式会社タニハタ

和室の欄間や障子などに使う「組子」という伝統木工技術で高い評価を得ているタニハタ(富山市)は、商業施設やホテル向けに、壁面を飾るアートと...

わが社もできるIT化/身の丈ITで生き残れ! vol.26

隂山建設株式会社

国土交通省は、建設現場の生産性を高める「i-Construction(ICT施工)」を推進。土木分野では建設機械を中心にクラウド・IoTの活用が進むが、ビル...