もらってうれしい大人の手土産 酒のさかなや前菜にも最適、有明海の幸を粕漬けに 「四ツ山漬」

貝柱粕漬200g 1080円(税込)

あまり聞きなれない「四ツ山漬」とはタイラギ(平貝)の貝柱の粕(かす)漬けのこと。四ツ山は地名で、福岡県大牟田市の有明海に面したエリア。かつて四ツ山沖でたくさん取れたタイラギの貝柱を、滋味豊かに粕漬けにしたのが始まりだ。製造元は大牟田市内に本社を置く「かなめ」。創業は大正9(1920)年という。貝柱を何度も漬け直して味付けをし、冬季熟成させた粕と合わせて漬け込んだ珍味。今も一貫した手づくりにこだわり、100年にわたり初代の味を守り続けている。

タイラギの貝柱はホタテよりも歯応えがあり、ギュッと締まった味わいが大変うまい。京都伏見、灘の有名酒の粕は甘く優しい香りがして、貝柱をふわりと包み込む。ああ上等の日本酒が欲しくなるなあ。

タイラギは東京湾、三河湾、瀬戸内海、有明海などが産地で、都内のすし店でも時々見掛ける。私は貝類に目がなく、タイラギがあったら必ず注文する。刺し身か塩焼きで食べるものと思っていたので、粕漬けには驚いた。日本が誇る〝珍味〟である。同じ〝珍味〟の海茸を粕漬けにした逸品もある。こちらもコリコリした食感と濃厚な味わいを楽しめる。詰め合わせもあるのでぜひお土産に。

Data

社名:かなめ今村食品工業

所在地:福岡県大牟田市高砂町62-4

電話:0944-53-6334

HP:http://kaname.lab.co.jp/

【大牟田商工会議所】

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。
この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

もらってうれしい大人の手土産 まるごと梨をくるんだゴージャスなバウムクーヘン 「天女の梨クーヘン」

鳥取県 鳥取市

子どもの頃、おやつにバウムクーヘンが出るとぜいたくな気持ちになった。おいしい紅茶と一緒にいただいて、シアワセ~。昔から大好きだった。昨今...

前の記事

もらってうれしい大人の手土産 愛媛みかんをまるごと一つ果汁が弾ける名物大福 「まるごとみかん大福」

愛媛県 今治市

なだらかな山の斜面にミカン畑が広がる秋冬の南予は、日本の美しい風景の一つ。陽光を浴びてキラキラ光るミカンはみずみずしく、いつまで眺めてい...

関連記事

もらってうれしい大人の手土産 飛騨料理に欠かせない伝統の味 「こもとうふ」 無料会員限定

岐阜県高山市

山々に囲まれた飛騨の食は、朴(ほう)葉みそや漬物ステーキなど独特な郷土料理が多い。ほかの地にはない魅力的な里料理が勢ぞろいする。「こもとう...

もらってうれしい大人の手土産 新鮮な地養卵に県産の果実をトッピング 「湯庵プリン」

福島県 福島市

温泉地の名物が温泉まんじゅうだったのは今は昔。現在、温泉地の土産を代表するのはプリンといえる。全国各地にご当地プリンが存在し、どれも非常...

もらってうれしい大人の手土産 百年肉屋がつくるハンバーグ 「かごしま黒豚ハンバーグ」

鹿児島県 鹿児島市

肉の王国・鹿児島。肉質がしまり、さっぱりした脂身とジューシーさが特徴のかごしま黒豚に、和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」でチャンピ...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする