日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 ブランド認定品を広くアピール

Q-STAの常設販売コーナー

富士山駅ビルで常設販売開始

富士吉田商工会議所は3月27日、富士急行富士山駅駅ビル「Q-STA(キュースタ)」で「富士吉田ブランド」認定商品の常設販売を開始した。場所は土産・地場産品を扱う1階「ゲートウェイフジヤマ」内。地元の人気菓子やうどんなどの食品をはじめ、「富士山ほぐし織傘」(舟久保織物)、「富士山モチーフネクタイ」(山崎織物)、独特の薄く滑らかな生地でつくられた「ひとにやさしいブックカバー」(光織物、※本誌4月号で紹介)など地場産業の織物をアピールする商品を並べた。

同ブランド認定制度は、富士吉田の魅力発信と認知度向上を図るプロジェクトとして2017年にスタート。将来性・地域性・品質などの基準を満たした製品を認定するもので、17年度と18年度合わせてこれまでに16商品を認定し、専用ウェブサイト(QRコード参照)やパンフレットを作成してPRしている。

2月19~22日には販路開拓を目的に東京・渋谷で展示会を開催。個別商談や一部商品の販売を実施した。期間中はバイヤーら76人が訪れたほか、一般客も大勢来場し好評を得た。 同所は「多くの人が訪れる駅ビルに販売拠点を設けたので、今後もさらにブランド認知を図っていく」と意気込みを見せている。

富士吉田ブランドウェブサイト

次の記事

福岡県 宮若商工会議所

宮若商工会議所は3月31日、宮若市に滞在している外国人技能実習生に同市の魅力を知ってもらおうと、「宮若実感バスツアー」を初開催した。参加したのは市内の製造業など8企業で…

前の記事

埼玉県 さいたま商工会議所

さいたま商工会議所とさいたま市は3月28日、東日本地域の自治体や企業の情報発信拠点として東日本連携センター「まるまるひがしにほん」をJR大宮駅東口駅前に開設した。同セン…

関連記事

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…

福岡県 直方商工会議所

直方商工会議所(福岡県)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている同所会員が安心して経済活動に取り組めるよう、フェリカポケットマーケティング社(東京・港)が持つ地域…