日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 オリジナル浴衣を製作 一大イベント盛り上げる

浴衣は白と赤の2種類

魚津商工会議所(富山県)は、8月3~5日に行われた「第49回じゃんとこい魚津まつり」を盛り上げるため、初のオリジナル浴衣「うおづゆかた」を作成した。じゃんとこい魚津まつりは、高さ15メートルの大柱に約90個のちょうちんを三角形につるした「たてもん」を若者たちが引き回す「たてもん祭り」をはじめ、ジャズイベントや海上花火大会、市民・地元企業などから3千人以上が参加する郷土芸能「せり込み蝶六踊り街流し」などが行われ、毎年市内外から大勢の人が訪れる魚津市の一大イベントだ。

うおづゆかたは赤と白の2種類。蜃気楼(しんきろう)や花火、たてもんなど魚津らしい図柄と「うおづ」の文字があしらわれている。同市名誉市民の中尾哲雄さんと同市出身のアートディレクター、浜辺明弘さんが共同でデザインした。当初は関係者のみ着用する予定だったが、まつりの参加者や観覧者も同じ浴衣を着て会場全体でまつりを盛り上げようと一般からも注文を受け付け、1着1万5千円(税込み)で、330着を販売した。

今回の魚津まつりでは、開会式に木下荘司観光協会会長、大愛高義会頭、村椿晃光市長がうおづゆかたで登場。同所の会員事業所や青年部、女性会の有志らもうおづゆかたを着用してせり込み蝶六踊り街流しに参加するなどまつりを盛り上げ、注目を浴びた。

次の記事

栃木県 真岡商工会議所

真岡商工会議所(栃木県)は、真岡市の花である綿(わた)の種まきから収穫までを体験する全3回の「綿づくり体験」事業を毎年実施している。真岡は江戸時代、綿花の一大栽培地であ…

前の記事

長野県 諏訪商工会議所

諏訪商工会議所(長野県)は、諏訪市および合同会社まちづくり諏訪と連携し、8月1日から市内の経済循環を図る「公共ポイント実証実験事業」を開始した。同事業は、市の実施する行…

関連記事

石川県 白山商工会議所

白山商工会議所(石川県)は、白山市松任(まっとう)地域の小規模な理美容店などを紹介する冊子『MATTO・ヘアー&ビューティーサロンガイドブック』を発行した。10代から30代の若…

東京都 町田商工会議所

町田商工会議所(東京都)は、町田市内の小規模店の看板商品を広くPRし、販路拡大を支援する「看板商品プロデュース事業」を2020年度から実施している。その第1弾として21年3月…

愛知県 江南商工会議所

江南商工会議所(愛知県)は、JA愛知北、愛知江南短期大学、サンハウス食品と共同で、江南市の新たな特産品として「和風仕立ての江南野菜カレー」を開発した。同大学栄養専攻の…