日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 綿と歴史、知ってほしい 体験通じ伝統伝える

綿の芯摘み作業体験

真岡商工会議所(栃木県)は、真岡市の花である綿(わた)の種まきから収穫までを体験する全3回の「綿づくり体験」事業を毎年実施している。真岡は江戸時代、綿花の一大栽培地であり、上質な木綿を産出して木綿の代名詞といわれるほど隆盛を極めた。しかし、明治時代以降は輸入綿に押されて衰退し、戦後、木綿づくりはほとんど途絶えてしまったという。そこで1986年に商工会議所が中心となって真岡木綿の復興を図り、真岡木綿保存振興会(現・真岡木綿会館)を設立して昔ながらの技術と伝統を受け継いできた。

綿づくり体験は、2008年から毎年綿の栽培時期に実施し、今年で10年目だ。今回は、大人と子ども30人が市内外から参加。5月13日には真岡木綿会館の織姫(おりこ)の指導の下、真岡りす村ふれあいの里わた畑での種まきと真岡木綿会館での機織りを体験し、8月5日には実をたくさんつけるように先端の芽を摘む「芯摘み」と草取り、藍染め体験を行った。10月14日には綿摘みとリースづくり体験を行う予定だ。「体験を通して、綿と伝統工芸の真岡木綿を多くの人に知ってほしい」と同所は話している。

次の記事

セレクト地域短信 熱気溢れる芸能まつり 各地から100団体が集結

岩手県 北上商工会議所

北上商工会議所(岩手県)と北上市、市教育委員会、北上観光コンベンション協会で構成する実行委員会は、8月3~5日の3日間、「第57回北上・みちのく...

前の記事

セレクト地域短信 オリジナル浴衣を製作 一大イベント盛り上げる

富山県 魚津商工会議所

魚津商工会議所(富山県)は、8月3~5日に行われた「第49回じゃんとこい魚津まつり」を盛り上げるため、初のオリジナル浴衣「うおづゆかた」を作成し...

関連記事

セレクト地域短信 かき氷スタンプラリーで涼夏お届け

千葉県 佐原商工会議所

佐原商工会議所(千葉県)は、「まちおこし会社 佐原みらい運河」「NIPPONIASAWARA」とともに「かき氷の日」の7月25日に、「かき氷コレクション㏌佐...

セレクト地域短信 関あじフェア大盛況 旬の味を割引価格で

大分県 大分商工会議所

大分商工会議所は、大分県漁業協同組合と共に、佐賀関ブランドである関あじをお得に提供する「関あじフェア」を8月2日から15日まで実施した。同事...

セレクト地域短信 飲食店経営を可視化 改善シートの普及目指す

福島県 いわき商工会議所

いわき商工会議所(福島県)はこのほど、いわき市、ひまわり信用金庫、いわき信用組合と連携し、新型コロナウイルスの影響で厳しい経営環境下に置か...