日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「理想のスイング」12のポイント Lesson4 スイング中に頭の動きを 小さくするとショットが乱れない

頭が動くのはダメ スイング中に頭が大きく動くと安定したショットが生まれない

スイング中に頭が動きすぎると、どうしてもショットに乱れが生じます。頭というのはスイング中、前後、左右、上下に動く可能性があるわけですが、このうち左右、上下の動きはある程度許されても、前後に動いてしまうと前傾角度も崩れますし、重心もコントロールできなくなるので要注意です。左右の動きにしても、あまり動きすぎるのは感心できません。例えばバックスイングで、頭1個分以上動いてしまうような人は、やはり頭の動きを抑えた方がいいと思います。

しかし、「悪い動きをするな」「頭を動かすな」と言っても、そう簡単に直らないのがゴルフのスイングです。悪い動きを直接直そうとするより、その原因を修正して自然と直るようにする、それがいいレッスンというものです。

まずはアドレスが大切です。前傾角度が深すぎたり浅すぎたり、体重が前後左右に偏っていると、どうしても頭がムダな動きをしやすくなります。そして、頭が大きく動く最大の原因は視界のズレにあります。つまり、アドレス時に見えている景色がスイング中に大きく変わってしまうということです。ですから、このアドレス時に見えている景色をなるべく変えないようにスイングする、それができれば自然に頭はムダな動きをしなくなります。

具体的な練習方法としては、イラストに示した方法がいいでしょう。これを実践すれば、視界を変えないでスイングするという感覚が体感できるはずです。また、頭の動きが大きい人は、素振りでもトップからダウンへの切り返しで、もう一度、ボールを両目で見つめ直すようにしてください。その意識だけで、ムダな頭の動きを抑えられますし、切り返しでの力みも消えるはずです。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 1968年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。1993年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

クラブのフェースを真っすぐ向けて構えているのにボールが曲がってしまうことはありませんか。フェースをスクエアに合わせたからといって、ボールが真っすぐ飛ぶとは限らないの…

前の記事

江連忠

フックやスライスに悩まされる人は多いと思います。その原因のほとんどは、ダウンスイングでクラブがボールに向かっていく軌道に問題があります。その軌道が理想的な「オンプレ…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…