日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 「66将棋」大会開催 〝聖地〟目指し事業推進

白熱する66将棋大会

天童商工会議所(山形県)は1月28日、「第2回66(ろくろく)将棋大会」を同所で開催した。「66将棋」とは、通常の将棋盤より少ない縦6横6マス、計36マスの盤上で対局する将棋。「手軽に楽しめる新しい将棋を」と、同所が尚絅(しょうけい)学院大学松田道雄特任教授と開発し、2018年7月に披露を兼ねて第1回大会を開催した。2回目の今回は、地元商店街、事業者、高校などから12チーム36人が参加し、白熱した対局を繰り広げた。

66将棋は、天童市の特産品である将棋駒を活用して観光誘客、地域活性化を図る同所の「コマノミクス」プロジェクトの一環として開発されたもの。同プロジェクトでは、天童を「将棋の聖地」にするべく、新たな観光ルートや土産品の開発などを進めており、66将棋のほか、これまでにまち歩きアプリ「YORIP(ヨリップ)」や、勝負めしの「将棋(こま)カレー」、将棋駒型のもなかにアイスが入った「将棋愛す(こまあいす)」などを開発している。

大会当日は、対局後に勝負めし試食会を開催。「将棋カレー」や「将棋愛す」、初披露の将棋駒型こんにゃく「玉コンならぬ駒こん」が登場し、参加者は勝負とともに天童の新名物を楽しんだ。大会は、今後も年2回程度開催を続け、全国へ普及を図っていく。

また、同所は森林資源を有効活用する県の「やまがた森林(モリ)ノミクス」を取り込み、66将棋用の盤をつくった木材加工メーカーと共に将棋駒をかたどった板そば皿を製作した。

この皿は、縦60㌢㍍、横45㌢㍍(底辺)で、そば4人前が入る特大サイズ。樹齢70年の金山杉の正目を生かし、将棋駒の形を忠実に再現している。

次の記事

奈良県 大和高田商工会議所

大和高田商工会議所(奈良県)は、大和高田市内の小規模事業者を紹介するポータルサイト「元気な高田、元気な小規模事業者」[https://genki-takada.jp/](https://genki-takada.jp…

前の記事

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所は2018年11月30日~12月2日、東京・青山で〝鯖江の眼鏡〟の魅力を全国に発信する「TOKYO MEGANE FESTIVAL」を開催した。同所は18年6月から福井県や鯖江市、福井…

関連記事

埼玉県 川越商工会議所

川越商工会議所(埼玉県)は、飲食店の新型コロナウイルス感染症対策などが一目で分かるピクトグラムステッカーを作成し、川越市内の事業所に配布した。店の入り口などに貼ること…

三重県 尾鷲商工会議所

尾鷲商工会議所(三重県)などは、海ぶどうを尾鷲市の新たな特産品とすべく、同市の県水産研究所で栽培実験に取り組んでいる。本事業は、中部電力尾鷲三田火力発電所の跡地を活用…

愛知県 犬山商工会議所

犬山商工会議所(愛知県)は7月31日、犬山地域に残る桃太郎伝説を観光資源として再活用するための策を練る「犬山地域桃太郎伝説に基づく地域ストーリー策定・検証事業推進委員会…