セレクト地域短信 オリパラ機運醸成へ ブラインドサッカー体験会

アイマスクを着けブラインドサッカーを体験

さいたま商工会議所(埼玉県)街づくり・観光委員会は9月23日、さいたま市内の浦和駒場スタジアムで開催された「さいたまサッカーフェスタ2019」(浦和レッドダイヤモンズ主催)のプログラムの一つとして「ブラインドサッカー体験会」を開催した。同体験会は「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の機運醸成を目的としたもの。浦和レッズOB会、特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会の協力の下、女子中学生を対象としたサッカー教室の一部として実施した。

ブラインドサッカーは、視覚障がいのある選手を対象とした5人制サッカー。ゴールキーパーは視覚障がいのない選手または弱視の選手が務めるが、フィールドプレーヤーは個々の見え方により有利・不利とならないようアイマスクを着用してプレーする。音が鳴る特製のボールを使い、選手はボールの音や「ガイド」の声を頼りに戦う。

体験会では日本ブラインドサッカー協会の指導で、アイマスクをした選手を誘導するゲームなどが行われ、参加者は声を掛けることの重要性などを学んだ。同所は「体験を通してブラインドサッカーを知り、相手を思いやる心を育むきっかけになれば」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 児童が本格的な経営学ぶ 未来の起業家育成目指し

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は鯖江市と協力して起業体験プログラム「キッズカンパニーin Sabae2019」を9月から11月にかけて実施し、このほど5日間の全...

前の記事

セレクト地域短信 子どもたちが店長に 売上金の一部は市に寄付

島根県 平田商工会議所

平田商工会議所(島根県)に事務局を置く雲州平田まちあそび実行委員会は10月20日、小学生がふろしきに商品を並べて売る「こどもふろしき市~1日こど...

関連記事

セレクト地域短信 「創業の部屋」開設 シニア起業家育成へ

埼玉県 深谷商工会議所

深谷商工会議所(埼玉県)はこのほど、企業を定年退職した人材の起業家育成事業を支援する場「創業の部屋」を同所3階に開設した。「創業の部屋」を...

セレクト地域短信 接種証明グッズ配布 利用客へ安全性をPR

広島県 福山商工会議所

福山商工会議所(広島県)は1日、オリジナルの新型コロナワクチン接種関連ツールの無償提供に当たり、会員限定で希望する事業所の申し込み受け付け...

セレクト地域短信 食品衛生で連携協定 HACCP対応を支援

福岡県 中間商工会議所

中間商工会議所(福岡県)は10月25日、中間市、HACCP(ハサップ)ジャパン、楽天コミュニケーションズと「あんしん安全な『飲食の街』を目指す連携...