日商 Assist Biz

更新

スポーツライター 青島健太の注目アスリート バスケットボール界、期待の星 渡邊雄太が本場NBAに挑む

サンダー戦でシュートを放つグリズリーズの渡邊雄太=オクラホマシティー

すごいことが秘(ひそ)かに進行している。といっても、もちろんうれしいことだが。バスケットボールの本場、米国のプロリーグNBAで日本人選手が着々と活躍を続けているのだ。メンフィス・グリズリーズの渡邊雄太選手である。

現地米国では、そのプレーぶりがもうすでに注目を集めているが、日本で大騒ぎになるのはこれからだろう。なぜすごいのか?は、バスケットボールファンなら百も承知だ。これまで日本人選手でNBAでプレーしたのは田臥(たぶせ)勇太選手(Bリーグ・栃木ブレックス)一人しかいない。田臥は身長170㎝余りの日本人らしい体格のポイントガードだが、渡邊は身長2m6㎝と完全にアメリカサイズのプレーヤーだ。過去には日本国内にも長身の選手はたくさんいたが、NBAの選手たちと比べるとスピードやシュート力という点で見劣りすることが多かった。しかし、渡邊はNBAの選手たちの中にあっても全ての面で堂々と渡り合っている。

現地2月7日に敵地オクラホマ州オクラホマシティーで行われたサンダー戦では、自己最長26分46秒の出場時間で10得点をあげた。これはかつて田臥が記録した7得点を抜いて、一試合当たりの日本人最多得点になったが、渡邊が目指すのはもっと高い次元だ。レギュラーとして毎試合二ケタ得点を記録しチームをけん引する選手だ。現在の彼は「ツーウエイ契約」の選手でグリズリーズに呼ばれたときだけトップチームでプレーできる控え的な立場なのだ。だから出番が来たときには昇格するために必死にアピールする必要があるのだ。

神奈川県横浜市生まれで香川県育ちの24歳。元選手の両親の下、幼少期からバスケットボールの腕をめきめきと上げた。そのボールタッチの柔らかさと抜群のシュート力は親譲りの才能だろう。尽誠学園高校時代から日本代表候補にも選ばれ、大学から米国に渡った。文武両道の名門、ジョージ・ワシントン大学で活躍し、そのままNBAを目指して米国に残った。

90年代、マジック・ジョンソンやマイケル・ジョーダンが華麗なプレーを見せる中、日本人の登場は夢のまた夢のように思われた。そこについに現れたバスケットヒーロー。ゴンザガ大では八村塁(はちむらるい)選手も活躍を続け、NBA入りを目指している。バスケットボールの新時代が彼らによって築かれることになるだろう。

写真提供:USA TODAY・ロイター=共同

次の記事

吉田正尚

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名乗りをあげた。3月9、10日と…

前の記事

吉田沙保里

スポーツ選手の引退を、女性歌手に例えるのも無謀かもしれないが、実力と人気で時代を駆け抜けるという生き方において共通点は多い。そこには四つのタイプがある。まずは山口百…

関連記事

上野由岐子

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボール日本代表の上野由岐子投手…

渡辺一平

東京辰巳国際水泳場で4月に行われた競泳日本選手権。韓国で開催される世界選手権(7月)の代表選考を兼ねた大会だけに、有力選手の泳ぎに注目が集まった。バタフライと個人メド…

紀平梨花

迎えた2019年は、氷の上に梨の花が咲く。いや、これから北京五輪(2022年)に向かって可憐(かれん)に、そしてゴージャスに咲き続けていくことだろう。女子フィギュアスケート・…