日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 自由に、本質で自分を表現する

京都YEG 大谷めぐみさん

今回、ご紹介するYEGメンバーは、京都YEG大谷めぐみさんです。ヨガを通じてたくさんの方の呼吸を改善し、今を生きる喜びを感じてもらいたいとの思いから一念発起し、インストラクターとして独立した大谷さんにお話を聞きました。

―YEGに入るまでの経歴と、YEGに入ったきっかけは?

20代前半は専業主婦で、子育てに専念しておりました。20代後半から、介護福祉の資格を生かして介護の現場で働き、お年寄りの笑顔に寄り添い、その笑顔に元気をいただけることに幸せを感じていました。

しかし、2011年の東日本大震災の後、今までに感じたことのない体調不良で、“生きる”ことに真剣に向き合う機会を得ました。

体調不良で仕事を辞めて自宅療養中に、ヨガ番組を見て、それをきっかけに番組を見ながらヨガをするのが日課になり、徐々に息苦しさから解放されるのが不思議でしょうがなかったのを覚えています。

YEGには、京都パープルサンガ後援会主催フットサルイベントの準備体操で、ヨガレッスンの依頼があり、そこで京都YEG元会長にお会いして、こういう団体があるよと紹介していただいたのが入会したきっかけです。

―YEGに入って良かったことは?

まだ入会して2年目ですが、いろんな方たちと出会えたことです。皆さんと接することで、いろんな角度から物事をみる力を教わることができ、インストラクターをする上でも勉強になっています。

―最後に全国のYEGメンバーと読者の方に一言

これからも皆さまにヨガを知っていただくきっかけになれるように活動していきますので、よろしくお願いいたします。

取材・写真撮影:日本商工会議所青年部(日本YEG)総務広報委員会

トレーニングジム M-Studio

京都市北区北野上白梅町46

TEL:080−3828−9134

E-MAIL:info@m-studiokyoto.com

次の記事

山口県 山陽YEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな特徴ある事業に取り組んでいる。今回は、山陽YEG(山口県)が3月11日に開催した、全国初のオートレース場(※)でのリレーマラソン「…

前の記事

京都府 城陽YEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな事業に取り組んでいる。今回は、城陽YEG(京都府)が、2015年度から行っている「城陽スーパージャンプ2018」(2018年2月25日開催…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…