日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 自由に、本質で自分を表現する

京都YEG 大谷めぐみさん

今回、ご紹介するYEGメンバーは、京都YEG大谷めぐみさんです。ヨガを通じてたくさんの方の呼吸を改善し、今を生きる喜びを感じてもらいたいとの思いから一念発起し、インストラクターとして独立した大谷さんにお話を聞きました。

―YEGに入るまでの経歴と、YEGに入ったきっかけは?

20代前半は専業主婦で、子育てに専念しておりました。20代後半から、介護福祉の資格を生かして介護の現場で働き、お年寄りの笑顔に寄り添い、その笑顔に元気をいただけることに幸せを感じていました。

しかし、2011年の東日本大震災の後、今までに感じたことのない体調不良で、“生きる”ことに真剣に向き合う機会を得ました。

体調不良で仕事を辞めて自宅療養中に、ヨガ番組を見て、それをきっかけに番組を見ながらヨガをするのが日課になり、徐々に息苦しさから解放されるのが不思議でしょうがなかったのを覚えています。

YEGには、京都パープルサンガ後援会主催フットサルイベントの準備体操で、ヨガレッスンの依頼があり、そこで京都YEG元会長にお会いして、こういう団体があるよと紹介していただいたのが入会したきっかけです。

―YEGに入って良かったことは?

まだ入会して2年目ですが、いろんな方たちと出会えたことです。皆さんと接することで、いろんな角度から物事をみる力を教わることができ、インストラクターをする上でも勉強になっています。

―最後に全国のYEGメンバーと読者の方に一言

これからも皆さまにヨガを知っていただくきっかけになれるように活動していきますので、よろしくお願いいたします。

取材・写真撮影:日本商工会議所青年部(日本YEG)総務広報委員会

トレーニングジム M-Studio

京都市北区北野上白梅町46

TEL:080−3828−9134

E-MAIL:info@m-studiokyoto.com

次の記事

山口県 山陽YEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな特徴ある事業に取り組んでいる。今回は、山陽YEG(山口県)が3月11日に開催した、全国初のオートレース場(※)でのリレーマラソン「…

前の記事

京都府 城陽YEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな事業に取り組んでいる。今回は、城陽YEG(京都府)が、2015年度から行っている「城陽スーパージャンプ2018」(2018年2月25日開催…

関連記事

北海道 名寄商工会議所青年部

地元の他の青年団体会員の減少が進む中ではあったが、迅速な地域まちおこし活動の手助けを行い、また、将来に向けて地元商工会議所議員の担い手を育てようと、2007年に若手有志…

日本YEG

日本商工会議所青年部(日本YEG)は、令和2年度日本YEG米良充朝会長のお膝元・宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで交流事業を開催した。本事業は日本YEG交流委員会が企…

和歌山県 和歌山商工会議所青年部

平成18(2006)年に設立。県庁所在地ではあるがYEG未設置だったために、県内の他の商工会議所からの要望に応える形で、当初81人でスタートしました。連合会にも設立と同時に加…