日商 Assist Biz

更新

新型コロナウイルス感染症に負けないぞ!各地商工会議所が取り組む地域を元気づける新型コロナウイルス感染症対策事業

売上維持・アップ事業②(利用券、クーポン券、商品券、商品詰め合わせ袋など) 41件

函館商工会議所(北海道、久保俊幸会頭・函館環境衛生)

同所は、新型コロナウイルス対策緊急応援企画第2弾として、「函館朝市・はこだて自由市場・中島廉売」の三つの市場の利用券 5000 円分を、函館市および近郊の 20 歳以上の住民の方(800 人)に抽選でプレゼントし、頑張っている地域の市場を応援する「緊急!市場応援企画」を実施する

https://www.hakodate.cci.or.jp/info/12661.html

札幌商工会議所(北海道、岩田圭剛会頭・岩田地崎建設)

同所は札幌市と札幌市商店街振興組合連合会と共同で、札幌市内の飲食店や小売店などで使えるプレミアム付き商品券「SAPPOROおみせ応援商品券」を8月に発売することを決定した。利用期間は8月5日から11月5日までの3カ月間で、1万2千円分の商品券(千円の商品券12枚つづり)を1万円で販売する。総発行数は50万冊で、購入は1人1冊まで

北見商工会議所(北海道、舛川誠会頭・北見通運)

同所ではこのほど、市内飲食店の資金調達を支援するプロジェクトをスタート。コロナ収束後に使えるプレミアム付き食事券を販売するコースと、事業全体への応援金(寄付金)を受け付けるコースを設けた。現在、参加事業者を募集中で、6月1日~26 日に食事券の販売と応援金の受け付けを行う。設定販売額は 3000 円、1万円、3万円、5万円、10万円の5種類で、それぞれに販売額の 10%を上乗せした食事券を配布する

http://kitamicci.or.jp/news/2020050801/

伊達商工会議所(北海道、菅俊治会頭・菅設計企画)

同所が事務局を務める伊達飲食組合は独自の「飲食店応援チケット」を7月10日から、本事業取り扱い登録店舗で販売する。チケットは1セット3000円で販売されるが、2000円分のプレミアムがついて、5000円相当の飲食が可能。なお、数量限定販売のため、売切れ次第終了となる

http://www.date-cci.or.jp/page-news/news-3935

伊達商工会議所(北海道、菅俊治会頭・菅設計企画)

同所は、外出自粛など我慢が続く市内の小中学生に、おいしい料理を味わってもらおうと、市内の飲食店でテークアウト、デリバリーサービスで利用できる「だてっ子飲食チケット」を発行する。同所では「この機会に伊達の店を知っておいしい食事を味わってほしい」と呼び掛けている。

https://www.muromin.jp/news.php?id=3850(室蘭民報Web)

弘前商工会議所(青森県、清藤哲夫会頭・弘前公益社)

同所は弘前大学と連携し、新型コロナウイルスの影響で困窮している学生たちを支援するためのプレミアムお食事券を販売する。同事業は、弘前市事業者売り上げ回復応援補助金事業とあおもり飲食店緊急支援事業費補助金交付事業を活用し、弘前大学の学生に対し、参加店で使用できる額面5000円の金券(500円×10枚綴り)を2000円で販売するもの。購入費の差額3000円のうち2000円分は大学が負担する。卒業生や教職員からの寄付金や、弘前ロータリークラブからの寄付の一部を充てる。残り1000円分と宣伝事業費は、同所が青森県と弘前市の補助金を活用して負担する。参加店の募集は7日まで。15日から31日までの期間中に3000セットを販売する。利用可能期間は12月31日まで。

http://www.applewave.co.jp/hirodai-oshokuji/

八戸商工会議所(青森県、河村忠夫会頭・ライケット)青年部

同所青年部(八戸YEG)は、地域を支える青年経済人として組織の強みである「機動力」 や「ネットワーク」を生かし、前売りクーポン券の販売を緊急支援プロジェクトとして、魅 力的な八戸市内のお店の一助となるよう活動を実施

http://yeg.hi-net.ne.jp/emergency_support/

五所川原商工会議所(青森県、山崎淳一会頭・五所川原街づくり)青年部

同所青年部が「勝手に応援プロジェクト」として、商品券「ごしょがわら料飲店未来チケット」を、市内36店で23日から順次販売し運営資金に充てる。チケットは1枚2千円、購入店舗で同額の飲食が可。また、廃業しない限り無期限で利用することができる。使用は1回の来店で1人1枚まで

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/344049(東奥Web)

一関商工会議所(岩手県、佐藤晄僖会頭・世嬉の一酒造)

新型コロナウイルス感染症の影響により、休業を余儀なくされている会員を支援するた め、事業再開後に使用できる「飲食店応援チケット」を発行・販売。

http://www.ichinoseki-cci.com/area/ichinoseki/page.php?p=829

横手商工会議所(秋田県、渡部尚男会頭・渡敬)

同所は4月20日、市内飲食店やホテル、結婚式場など133店を対象に、運転資金の供給を目的とした「先払い応援チケット」を緊急発売した。チケット注文票に店名と1万円単位の口数を記入して同所窓口で購入すると、同所はすぐに当該店舗に送金し、事業継続を支援する。チケットは。感染終息に合わせ注文票に記入した店舗で使用できるが、資金決済法の規制があるため、購入後6カ月以内(有効期間内)に使用しなければならないとのこと

http://www.yokotecci.or.jp/general.php?cms_id=70

湯沢商工会議所(秋田県、和賀幸雄会頭・和賀組)

同所に事務局を置く実行委員会は、湯沢市内の飲食店を応援する「飲食店応援プロジェクト」を実施している。支援者は自分の応援したい飲食店の先払いチケットを購入し、その購入代金が飲食店の資金支援に活用される。オンライン先払い式食事券や紙チケット先払い式食事券の購入、また、テークアウトを利用した際のSNS発信など、3 つのアクションを呼び掛けている

https://sakiemi.com/yuzawa

(終)気仙沼商工会議所(宮城県、菅原昭彦会頭・男山本店)

同所が構成団体の一つである気仙沼観光推進機構が地元のお店を応援するため、気仙沼クルーカード加盟店と会員を対象にキャンペーンを実施。第1弾は3月14日~24日の間に加盟店でお買い物していただいた総額が2500円以上5000円未満の利用で500ポイント、5000円以上の利用で1000ポイントを還元。第2弾は地元応援月間として、4月6日~5月3日までの期間中、1週間単位でその週のクルーカード利用総額が3000円以上利用で500ポイント還元した

「気仙沼クルーシップ」https://crewship.net/local-support/

気仙沼商工会議所(宮城県、菅原昭彦会頭・男山本店)

同所は、気仙沼市、一般社団法人気仙沼地域戦略、同市内の本吉唐桑商工会と連携して「気仙沼市飲食店応援商品券事業実行委員会」を設立し、同市内飲食店で利用できる20%のプレミア付き応援商品券「ホヤチケ!」を販売。市内飲食店(現在83店舗が登録)において、1枚500円×6綴りの3000円券を2500円で販売。購入は1店舗あたり1人につき2冊までとし、購入店舗のみで利用可能。商品券は6月30日まで販売しており、11月13日まで利用できる

「気仙沼さ来てけらいん」https://kesennuma-kanko.jp/hoyaticket/

白河商工会議所(福島県、牧野富雄会頭・白河信用金庫)

同所はこのほど、白河市内の3商工会と協力して、「クーポン DE 白河テークアウト」事業を開始した。市内の約2万 5000 世帯に市内飲食店で使えるクーポン券を配布。1世帯当たり 1000 円分のクーポン券(200 円分のクーポンが5枚あり)で、500 円ごとに1枚使用できる。利用期限は7月 31 日まで。

http://shirakawa-cci.or.jp/(クーポン de 白河テークアウト/)

長岡商工会議所(新潟県、丸山智会頭・新潟県米菓工業協同組合)

過去3年間の実施で実績のある「ポッキリパスポート」を、長岡市内全域に対象を拡大し「ポッキリパスポート・プレミアム」として実施する。100円・500円・1000円・5000円(税込)などの「ポッキリ」価格でサービスを設定した各店の情報を、A5サイズの冊子パスポートに掲載。利用者はパスポートを提示することで、お得なサービスを受けることができる。

http://www.nagaokacci.or.jp/topics/detail/cd/945/

村上商工会議所(新潟県、川崎久会頭・カネダイ川崎商店)

地域経済が大きな危機に直面していることから飲食店の消費を促進するため「村上市元気づくり飲食券」を発行する同所は、5 月 28 日まで取り扱い店を募集している。参加資格は、村上市内に本社・本店のある飲食店およびタクシー、運転代行業など。

https://www.mu-cci.or.jp/latest_information/202005228131/

魚津商工会議所(富山県、大愛高義会頭・オーアイ工業)

同所は、魚津飲食業組合が新型コロナウイルスの感染拡大で客足が遠のいている加盟店を支援するために発行する「5000円以上の利用で1000円を割り引く」商品券を、4月中旬発行の同所会報に同封して配布することを決定した。

https://webun.jp/item/7647641(北日本新聞 webun)

(注)本事業は、下記<行政および関連団体との連携など>にも掲載

輪島商工会議所(石川県、久岡政治会頭・輪島丸善)

「消費喚起へ支えあい」を目的に、同所発行の「わ食商品券」で飲食店応援。同所観光サービス業部会所属の161事業所に参画を募り、全会員984事業所に2千円以上の飲食などで使える2千円商品券を配布。売り上げ激減の飲食店などを下支えし、会員同士の支えあい活動の第1弾として即効性がある対策で地域経済の立て直しに役立てる。第2弾も検討中。

加賀商工会議所(石川県、東野哲郎会頭・東野産業)

同所は、加賀市内の小売店、飲食店などに対する需要喚起策として、買い物や飲食の消費拡大を促すため、マイナンバーカードを保有・取得する市民を対象に「かが応援商品券」(一人当たり、1 セット 5000 円分(1000 円×5枚)を配付する。配付期間(予定)は、6月上旬~11 月上旬で、配布後、本年 12 月 31 日まで使用できる。配付対象者は、本年6月1日時点に同市に住民登録があるマイナンバーカード保有者及び本年 10 月 31 日までの申請者

小諸商工会議所(長野県、掛川興太郎会頭・ツルヤ)

同所では、市内飲食店の支援として、同所と小諸市の連携によりクーポン付きのチラシを 作成し、同所ホームページに掲載。チラシ掲載店舗にも少数取り置きがある

https://www.kcci.komoro.org/information/4927

信州中野商工会議所(長野県、山田彰一会頭・山形屋)

同所は「みんなで守ろう地域のお店」を合い言葉に、信州なかの未来券事業を6月から実施する。同事業では、5000円分飲食できるチケットを4000円で購入できる1000円お得なチケット(未来券)を登録各店舗で販売する

https://www.ogossotakeout.shinshu-nakano.com/miraiken/

駒ケ根商工会議所(長野県、福澤秀宏会頭・ホンダカーズ松本南)

同所では駒ヶ根市内の飲食店の経営支援策として同市と共同して「第2弾 飲食店プレミアム付応援券」(5000円の商品券が4000円)を販売する。6月12日までに往復ハガキまたは専用申し込みフォームから申し込みができ、限定数5000を超えた場合には、抽選となる

https://www.city.komagane.nagano.jp/emergency/5995.html

高崎商工会議所(群馬県、児玉正藏会頭・小島鐵工所)

同所では、消費が落ち込み苦境にある飲食店を支援するため、飲食代先払いの飲食店支援(応援したい飲食店のチケットを事前に購入し、後日そのお店でチケットを使用してもら う)を実施。現在、参加飲食店をホームページで紹介している

https://www.takasakicci.or.jp/insyoku-ouen/

藤沢商工会議所(神奈川県、増田隆之会頭・角若松)

同所ではこのほど、藤沢市・藤沢市商店会連合会と連携して、前売りチケットの販売で店舗などを応援する「ふじさわプロジェクト”ふじさわ応援前売りチケット”」事業をスタートする。同事業は、お客さまが応援したい店舗などで使用できる前売りチケットを購入することで、苦境に立たされている店舗などにエールを送り、資金面で応援する。会員・非会員を問わず参加でき、登録料は無料

https://questant.jp/q/SN9R83WS

三島商工会議所(静岡県、石渡浩二会頭・石渡食品)

同所では、外出自粛や行動制限で生活不便を強いられている消費者の「おうち時間」を少しでも快適に過ごして楽しんでいただきたいとの思いから、商店主選りすぐり商品を組み合わせた「みしま応縁袋」を販売する。受渡しは3密を避けるドライブスルー方式。商品は1000円、2000円、3000円の3種類で11セット用意(全て税込)。事前予約制

http://www.mishima-cci.com/m-st/ouenbukuro

藤枝商工会議所(静岡県、山田壽久会頭・山田組)

同所と藤枝市、藤枝江﨑新聞店、東海ガスの4者はこのほど、藤枝ランチ・テークアウト応援実行委員会(事務局:同所)を設立し、市内飲食店で使用できる「藤枝プレミアムランチ券」(2千円分で3千円分使える)を2千セット用意して応援する。実施期間は5月1日~31日までの1カ月間。また、テークアウトできる店をSNS上で情報発信する「#藤枝エール飯」とも連動させる。

http://www.fujieda.or.jp/?p=13685

大垣商工会議所(岐阜県、田口義隆会頭・西濃運輸)

飲食店ごとのプレミアム商品券を販売する「大垣 Eats あとめし商品券」。販売期間は 6月19日まで。使用有効期間は2020年7月1日から2021年6月30日まで

https://sites.google.com/view/ogakieats

東海商工会議所(愛知県、橋山和生会頭・協材興業)

同所では「がんばろう東海応援プロジェクト」の一環として、5月 22 日から「応援食事券」の販売を開始する。場所は、東海市立商工センターで、時間は 10 時から 16 時まで

http://www.medias.ne.jp/~tokaicci/korona/oshiten/oshiten.html

桑名商工会議所(三重県、中澤康哉会頭・桑名三重信用金庫)

同所は桑名市と連携して、大きな打撃を受けている飲食店とスクラムを組み、地域経済を守る経済対策の第 1 弾として、『桑名市プレミアム付き応援食事券』事業を実施中(現在237 店舗が参加)。「桑名の経済を立て直す第一歩として、市民の皆様にもぜひご参加いただき、『オール桑名』でこの難局に立ち向かっていきましょう」と呼び掛けている

https://www.kuwana-ouen.jp/

和泉商工会議所(大阪府、山本恭弘会頭・山本産業)

同所と和泉市商店連合会は、商品券「未来チケット IZUMI」を共同で4月中に発行する。同商品券を購入すると、本事業の参加店の口座に購入金額が振り込まれる。購入した商品券は、緊急事態宣言解除後に使用でき、ひいきの店を支えるための橋渡し役を担う。現在、各団体に所属するのべ2千数百の事業者に参加を呼びかけている。

未来チケット IZUMI

神戸商工会議所(兵庫県、家次恒会頭・シスメックス)

売り上げが減少し、苦境に立つ飲食・サービス店を支援するため、オンライン上の前払いサービス「ハロトコ」とタイアップ。Webサイトを通じて、事態収束後に店舗で使えるチケットを利用者(消費者)に販売し、会員店舗が先に支払いを受けられる「飲食・サービス店 未来チケット応援プロジェクト」を実施する

https://kobe-bizmatch.jp/exsupport/harotoko/

岡山商工会議所(岡山県、松田久会頭・両備グループ)

同所は、弁当の宅配に取り組む飲食店と企業のマッチングを6月2日からスタートした。 対象となるのは平日の昼食で、当面は6月末までの期間限定で実施。注文した企業には毎日違う業者の弁当が届くように同所が調整する。新型コロナウイルス感染症の影響で集客に苦しむ飲食店にまとまった数の注文が入る環境を整え、事業継続につなげてもらうことが目的

https://www.okayama-cci.or.jp/news/25961.html

福山商工会議所(広島県、林克士会頭・鞆鉄道)

同所は、新型コロナ禍支援対策として、参加登録店が自由に付加価値(お得・サービス)を設定し販売できる、前売り型の「福の山おたすけチケット」事業を企画。この事業は、お客さまが応援したい店舗・事業所から前もってチケットを購入することで、売り上げが減少している店舗・事業所を支援するもの

http://www.fukuyama.or.jp/otasuke-ticket/

山口商工会議所(山口県、河野康志会頭・マルニ)

同所は山口市と連携して、コロナウイルスで影響を受けた山口市内の事業者の経営をオール山口で応援する「エール!やまぐち応援チケット発行支援事業」を実施。事業者の事業継続をみんなで応援するためのチケット(プレミアム10%付き)発行している。本事業の実施期間は、6月1日から8月31日まで。チケットの利用は一般消費者のみならず、事業者間取引(BtoB)の支払いにも使用ができるため、裾野が広い効果が期待できる

https://yell-yamaguchi.com/

伊万里商工会議所(佐賀県、古賀富男会頭・オリオンセラミック)

同所は、年末年始恒例の地元商店活性化キャンペーン「伊万里で買うBuy‼がBuyさがん運動」を7月に前倒しし、伊万里市が実施する市民1人当たり2000円分のクーポン券の無償配布などに合わせて実施する。同事業は、年末年始を含む10~1月に実施していたが、今年度は7月1日から9月30日までとし184店舗が参加する。同所は、本イベントの盛り上げと周知のため、「がBuyさがん運動」ののぼり旗を作成して配布する

長崎商工会議所(長崎県、宮脇雅俊会頭・十八銀行)

同所が事務局を務める長崎市商店街連合会は、長崎市北部商工会、長崎南商工会、東長崎商工会の協力の下、発行総額が最大で15億9千万円に及ぶ、長崎市『地元で使おう』商品券を発行する。この商品券は、飲食店限定商品券(1万3千円分(=500円×26枚)、限定3万冊)と共通商品券(1万2千円分(=500円×24枚)、限定10万冊)の2種あり、1冊1万円で1人当たり合計2冊まで購入できるプレミアム付き商品券となっている。販売対象は長崎市民で、7月30日まで購入可能。事前申込制で、申込多数の場合は抽選

https://www.nagasakicity-premium.com/

平戸商工会議所(長崎県、早田悠次会頭・早田建設)青年部

同所青年部(平戸YEG)はこのほど、平戸市内の事業所の逸品を詰め合わせた「普来袋 (ふくぶくろ)」を企画。主に市民の消費につなげようと 25 日まで注文を受け付けている。

同所会員である 20 事業所が 500 円を目安にした商品を持ち寄り、12 店舗分(6000 円相当)を1セット 5000 円で販売する

http://www.hiradocci.or.jp/tabid/393/Default.aspx

須崎商工会議所(高知県、竹内健造会頭・たけうち)

同所は、須崎市と連携して、売り上げが落ち込むお弁当テークアウトを実施している飲食店を支援するため、須崎中学校と朝ケ丘中学校に合計200個の弁当を配達する事業を実施した(5月18日~7月17日まで)。飲食店は安定した注文数を確保できるというメリットを得られ、一方、生徒も1食100円の負担で飲食店が提供する弁当を週替わりで食べることができるなど、win-winの関係が構築され、好評を得た

唐津商工会議所(佐賀県、宮島清一会頭・宮島醤油)

唐津商工会議所は、唐津上場商工会、唐津東商工会、唐津観光協会で構成する「唐津経済協議会(会長:同所宮島会頭)」において、唐津市内の飲食店を助けようと「先払いチケット」事業をスタートした。チケットの名称は「先払い!今度食べ来る券」。1000 円券5枚に特典として 500 円券 1枚が付いたセットを 5000 円で販売。15 日から一部で販売が始まった

http://www.karatsu.or.jp/kondotabekuruken/

宮崎県商工会議所連合会(会長:米良充典会頭・宮崎商工会議所)

同連合会は、宮崎県商工会連合会、宮崎県中小企業団体中央会と連携して、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けた飲食店を支援するため、6月上旬より「宮崎県プレミアム付食事券」1セット5000円、プレミアム率30%、発行部数10万セット)を発行する。なお、参加店舗の応募受付は終了

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/sangyoseisaku/shigoto/foodbusiness/ikoushien.html

指宿商工会議所(鹿児島県、南荒生会頭・指宿酒造)

指宿市内の消費喚起を促すため、市民みんなが応援団「いぶすきプレミアム商品券」(1セット10000円で12000円分、20%のプレミアム付き)を指宿市の支援の下、市内商工会と共同で販売。使用期間は9月30日まで。

http://www.ibusuki-cci.or.jp/home2/images/chirashi/puremiamusyouhinnkenn.pdf