日商 Assist Biz

更新

渋沢栄一の軌跡 第2回 北九州のまち並み

交通 JR若松駅下車、徒歩約20分(高塔山公園まで) [写真提供]北九州商工会議所

日本への玄関口を擁する渋沢が育てた「鉄のまち」北九州

現在、先端技術の一大集積地として知られる北九州市の工業地帯としての歩みは、明治34(1901)年に日本の産業を支える官営製鉄所が操業を開始したことに始まります。渋沢栄一は北九州一帯の産業基盤を整えるため、門司港や若松港などの港湾整備や鉄道の敷設に多額の出資をし、地元実業家から協力を取り付けるなど尽力しました。渋沢が関わった多数の企業とともに、北九州は「鉄のまち」と呼ばれるほど大きく発展していったのです。

北九州市はその後も成長を続け、豊かなインフラを足掛かりに九州地方で最も重要な都市の一つとなりました。その足元には今も渋沢の熱い思いが息づいています。

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第3回 興譲館の校門

岡山県

全国高校駅伝の強豪校として知られる井原市の興譲館高等学校は、1853年に一橋家の有志により郷校「興譲館」として設立されました。初代館長を務め...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第1回 飛鳥山公園

東京都 東京商工会議所

飛鳥山公園は、庶民が安心して花見を楽しめるようにと徳川幕府8代将軍の吉宗が整備し、1000本を超える桜が植えられた江戸の名所の一つでした。現在...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第13回 音無親水公園 無料会員限定

東京都 東京商工会議所北支部

渋沢栄一は61歳のとき、東京都北区の飛鳥山に居を構え、亡くなるまで飛鳥山邸を拠点として活動していました。ここに国内外の賓客を招き重要な会議...

渋沢栄一の軌跡 第12回 七十七銀行

宮城県

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心...

渋沢栄一の軌跡 第11回 中の家

埼玉県

渋沢栄一は天保11(1840)年に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で生を受け、10代のころから家業である養蚕や藍玉の製造販売を...