リーダーの横顔 常に進歩を続けながら 地元の伝統を守っていく 本田 正憲

小千谷商工会議所会頭 有限会社片貝煙火工業 代表取締役社長 本田 正憲 事業内容:打ち上げ煙火・仕掛け煙火の製造販売、花火大会の企画・演出など 趣味:無計画な旅

小千谷市は新潟県のほぼ中央に位置しており、市の中心には、信濃川が流れています。田園都市小千谷は、その流れが長い時間をかけてつくった河岸段丘の上にあります。古くから信濃川水運の要衝として商工業が栄え、織物(小千谷縮(ちぢみ))のまちとして知られていました。現在の人口はおよそ3万7000人。高い技術水準を誇る精密機械製造業・鉄工業を基幹産業とする県下有数の工業都市として発展しています。

そんな小千谷市で当社は私の父である先代の社長が、後継者難から廃業を余儀なくされていた花火製造会社を引き継ぐ形で、昭和55年に創業しました。小千谷市片貝町の花火は、町の総鎮守である浅原神社の秋季例大祭で、神社への奉納花火として発展。明治24年に「三尺玉」を打ち上げたという記録も残っています。父は「地元でつくった花火が上がらなくなったら、祭り自体が廃れてしまう」との思いから、会社を引き継いだのです。

そのとき、私はまだ33歳。食品会社の営業マンとして県外にいました。しかし、その5年後の昭和60年、当社で花火工場の移転問題が持ち上がりました。私も会社を存続させるために後継者として入社することとなりました。私自身も片貝で生まれ育った人間。祭りが大好きですし、花火の伝統を守らなくてはならないとの思いがありました。とはいえ、花火の製造については、全くの素人。ですから、必死に勉強しました。私が会社に入った当時、職人の「経験と勘」に頼りすぎているということを強く感じました。そこで、サラリーマン時代の経験から製造工程の管理にコンピューターを導入。そのおかげで、材料や工程などの管理・分析が充実しました。花火の品質向上にも役立っています。

新潟には「河の長岡、海の柏崎、山の片貝」といわれる三大花火大会があります。当社は、その片貝、柏崎をはじめ、約30カ所の花火大会を任されており、品質には絶対の自信をもっています。もちろん常に進歩・改善を求めています。だからこそ自社での「製造」と「打ち上げ」にこだわっているのです。実際に自分たちがつくったものを打ち上げるから進歩がある。当社は片貝の花火を守るために生まれた会社です。これからも父の遺志を継ぎ、地域の発展に力を注ぐとともに、日本の文化である花火を後世に伝えていくことを念頭に会社経営にあたってまいります。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

リーダーの横顔 人としても商人としても 大切なのは信頼関係 大塚 祥敬

愛知県 江南商工会議所

愛知県江南市は濃尾平野の最北端に位置し、北は木曽川を挟んで岐阜県と接しています。その歴史は古く、672年の壬申の乱で後の天武天皇とともに戦っ...

前の記事

リーダーの横顔 光陰矢のごとし 一所懸命に生きる 小野 幸男

愛媛県 新居浜商工会議所

愛媛県新居浜市は、四国の中北部に位置しています。市の基盤は、元禄4(1691)年に開坑された別子銅山の繁栄によって築かれました。その後も住友金...

関連記事

リーダーの横顔 効率重視の仕事に通じる〝料理〟 無料会員限定

愛知県 犬山商工会議所

犬山市は名古屋市の中心部から北へ約25㎞に位置する「水と城と緑」のまちです。交通は名古屋鉄道の犬山線をはじめ3路線が犬山駅で結節しています。...

リーダーの横顔 企業に寄り添った支援を継続

徳島県 徳島商工会議所

徳島は海あり山あり、素朴で温かく、いつも変わらず人を優しく包んでくれる風土があり、私はそこで生まれ育ちました。20歳で機械部品を製造する「...

リーダーの横顔 世界を魅了するリゾート地に

北海道 倶知安商工会議所

北海道に42の商工会議所があるうち、市ではなく町にある商工会議所は9カ所です。倶知安(くっちゃん)商工会議所もその一つで、人口が1万5000人余り...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする