日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 2019年版 日本の労働経済事情

2019年版 日本の労働経済事情 日本経済団体連合会著

本書は、人事・労務部門の初任担当者に向けて、日本の労働市場の動向、働き方改革関連法(時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金など)や2019年6月5日に公布された改正女性活躍推進法などをはじめとする重要な労働法制、そして人事・労務管理に関する基本事項などについて、図表を用いて分かりやすく解説している。実務担当者はもとより、新任の管理職やマネジャーも幅広く活用できる一冊だ。(A4判/156ページ/1000円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

中山慈夫

本書は、企業実務の立場から、就業規則の作成手続きと効力に関するルールを説明し、必要不可欠と思われるモデル条文を掲げて、その意味と現在の労働法令上の根拠を示している。…

前の記事

杉田昌平

2019年4月の改正入管法施行を受け、本書では、在留資格として新たに追加された「特定技能(1号・2号)」と従来の在留資格である「高度専門職」「技術・人文・国際業務」「技能実…

関連記事

山田泰造

日本商工会議所が発行する『月刊石垣』2016年11月号の特集「ピンチをチャンスに変える プロが教えるクレーム対応の最新技術」に登場した著者の最新刊。現代社会では、ストレス…

日本経済団体連合会

人事・労務全般に関する基本的な事項や、重要な労働法制の概要、改正の動向、わが国の労働市場について、図表を用いて分かりやすく解説している。雇用調整助成金などの新型コロ…

橘大樹/吉田寿/野原蓉子

過去3年間にパワーハラスメント(パワハラ)を受けたと感じた経験のある人は、従業員のおよそ3人に1人ともいわれている。このような状況の中、労働施策総合推進法が改正され、パ…