日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 2019年版 日本の労働経済事情

2019年版 日本の労働経済事情 日本経済団体連合会著

本書は、人事・労務部門の初任担当者に向けて、日本の労働市場の動向、働き方改革関連法(時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金など)や2019年6月5日に公布された改正女性活躍推進法などをはじめとする重要な労働法制、そして人事・労務管理に関する基本事項などについて、図表を用いて分かりやすく解説している。実務担当者はもとより、新任の管理職やマネジャーも幅広く活用できる一冊だ。(A4判/156ページ/1000円(税抜き)/経団連出版)

次の記事

中山慈夫

本書は、企業実務の立場から、就業規則の作成手続きと効力に関するルールを説明し、必要不可欠と思われるモデル条文を掲げて、その意味と現在の労働法令上の根拠を示している。…

前の記事

杉田昌平

2019年4月の改正入管法施行を受け、本書では、在留資格として新たに追加された「特定技能(1号・2号)」と従来の在留資格である「高度専門職」「技術・人文・国際業務」「技能実…

関連記事

小林久/野原蓉子

本紙連載「商いの心と技」の商い未来研究所代表・笹井清範氏が推薦する。「自身の倒産に至る経緯・原因を赤裸々につづり、『こうして店は潰れた』を大幅に増補改訂。コロナ禍に…

八木良太/金子正信

ジェトロ世界貿易投資報告2020年版~不確実性増す世界経済とデジタル化の行方~世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資・通商ルール動向を豊富なデータや海外事務所から…

全国中小企業振興機関協会

公益財団法人全国中小企業振興機関協会は現在、下請代金支払遅延等防止法(下請法)のポイントが分かるテキスト『実践! 下請法』改訂版(写真)を販売している。同テキストは、毎…