日商 Assist Biz

更新

新型コロナウイルス感染症対策 各地商工会議所の取り組み ネットで支援金募る 飲食店応援「みらい飯」

「みらい飯」(大阪商工会議所)のマーク

大阪商工会議所が事務局を務める「食創造都市 大阪推進機構」は4月21日、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で売り上げが落ち込む大阪府内の飲食店を応援するクラウドファンディングを立ち上げ、同月28日から5月15日まで支援金を募集した。

応援したい店へ寄付する「店舗指定コース」と地域全体を応援する「地域応援コース」の2コースを用意。店舗指定コースは3千円から10万円まで複数のコースがあり、店を選んで寄付すると、返礼品として事態の収束後、応援した店で使える1割増しの飲食券(発行後6カ月有効)が提供される。飲食券は7月初旬に発行する予定だ。

同クラウドファンディングには飲食店148店が参加。支援金は総額1959万2千円が集まり、5月中に参加店へ分配した。資金集めの仕組みや運営はクラウドファンディングサイトを運営するREADYFOR(レディーフォー、東京・千代田)が協力した。

また、日本商工会議所も同社と連携し、大商も含め同じ仕組みで商工会議所がクラウドファンディング実行者となる「地域飲食店応援クラウドファンディング『みらい飯』」を開始。5月28日時点で82商工会議所が参加表明しており、美濃(岐阜県)など16カ所が挑戦している。

大商は「資金繰りに困っている飲食店の事業継続のため、できるだけ早く支援金を提供したかった。収束後の客足の回復にもつながれば」と話している。

各地商工会議所の取り組みはこちら

次の記事

長崎県 平戸商工会議所青年部

平戸商工会議所青年部(長崎県、平戸YEG)は、会員事業者の商品などを詰め合わせた福袋「普来袋(ふくぶくろ)」を1口5000円で販売する「♯笑顔プロジェクト」を実施し、5月31日、平…

前の記事

埼玉県 草加商工会議所

草加商工会議所(埼玉県)と草加市は、新型コロナウイルス感染症の影響により売り上げが減少した創業直後の事業者の支援策として、独自の「持続化給付金」を支給することを決め、…

関連記事

新潟県 上越商工会議所

上越商工会議所(新潟県)観光サービス業部会は、上越市内の飲食店に向けた新型コロナウイルス感染予防のための独自のガイドラインを策定し、5月29日に同所で記者会見を行った。…

福井県 大野商工会議所

大野商工会議所(福井県)と大野市は5月22日から6月18日まで、市内の運転代行事業者によるデリバリー(出前)のモデル事業「おうちdeliペイ」を実施した。新型コロナウイルス感染症…

熊本県 熊本商工会議所

熊本商工会議所は、新型コロナウイルスの感染拡大防止と会員事業者の雇用の維持を目的に、会員事業者が製作したマスクを必要とする事業者へ無償配布する「会員応援マスクプロジ…